荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

子育て・親子ネタ・家族

距離感と景色

こんばんは。 今日は家族で、プチ旅行をした荒馬です。 凡師家、7:00に自宅を出発し、 家族でドライブに出かけました。 小凡師くんは、これを「小旅行」と名付けたので、 ドライブというよりは、プチ旅行の方が良いかな。 まずは、 凡師さんの勤務地があ…

PTA総会でわかること

こんばんは。 話すこと・伝えることで分かることは、 その内容だけに限らないなぁと感じた荒馬です。 教師時代の13年間で3校。 保護者として3校。 同じ市内でも学校が変われば、 様々な部分に違いが見られます。 PTA総会も、その1つ。 小凡師くんと小小凡師…

ブログのタイトル変更

こんばんは。 タイトルを変更した荒馬です。 凡師さんが知らないうちに、 はてなブログさんで、別のアカウントを作り、 【一寸凡師の隙間コラム】というブログを立ち上げていたので、 ブログのタイトルを変更しました。 最初、共同経営をしようと持ちかけら…

『響 小説家になる方法』

こんばんは。 久しぶりにマンガを読んだ荒馬です。 昨日のブログで、 気持ちの余裕が生まれたという話題を書きました。 引っ越してきてから10日。 1日があっという間に終わっている日々は変わらずですが、 今日から小凡師くんが登校したので、 昼間、小小…

気持ちの余裕

こんばんは。 今日になって、 ようやく気持ちに余裕が出てきたと感じた荒馬です。 凡師さんの出勤時間が早くなり、 早起きが苦手な荒馬にとって、これが1番の難関です。 いつもより30分早い起床。 頭も体も動かない状態で朝食の準備。 それでも、慣れるだ…

これはホームシックなのか?

こんばんは。 これがホームシックなのか考えていた荒馬です。 荒馬、生まれ育った北海道を離れ、 秋田県に引っ越してきました。 北海道内でも、住んでいたのは2カ所のみ。 短大時代に2年間、1人暮らしをしていた他は、 地元に住んでいました。 地元に教師…

生活の【潤い】

こんばんは。 いつの間にか1日が終わり、 眠気に勝てず、落ちるように寝ている荒馬です。 引っ越しというのは一大事業ですね。 越してから1週間が過ぎましたが、細々とやることがあり、 気付けば午前中が終わり、 気付けば夕方になっていて、 気付けば日付…

新生活の買い物

こんばんは。 ウキウキしすぎて、財布の紐が緩んでいる荒馬です。 本日、ようやくネット環境が整い、 久しぶりにPCからの更新です。 やはりスマホの小さな画面よりも、 大画面のPCの方が見やすいですし、 キーボードも打ちやすくて便利です。 さて、新年…

ゲームで育む

こんばんは。 適度にゲームが好きな荒馬です。 長時間ずっと夢中にはなれませんし、 オールクリアとか、全て集めるなども興味が無いので、 中途半端な状態で終わってしまうのですが、 ゲームは面白い。 ゲームは好きです。 ゲームだって、スマホだって 使い…

髪型を変える

こんばんは。 小凡師くんに「ちびまる子ちゃんみたい」と言われた荒馬です。 母親になって、優先順位が変わったもの。 化粧品・洋服・美容室 自分の容姿や美容に関する部分は、 後回しの後回し。 最後の最後に、金銭的・時間的余裕があった時のみになりまし…

家族の中に生き続ける母

みなさん、こんばんは。 家族との食事で母を想いだしていた荒馬です。 昨日は、疲労と満腹により、パソコン・スマホ・読書をやめ ソファーに横になっていた、夜のひとり時間。 しかも、頭痛薬を飲んで、めまいと吐き気が…。 もともと、 喘息を持っていた荒馬…

『よっつめの約束』

みなさん、こんばんは。 親から言われた言葉や約束を思い出してみた荒馬です。 今日はまず絵本の紹介から。 よっつめの約束 作者: 高野優 出版社/メーカー: 主婦の友社 発売日: 2012/02/25 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを…

「恋の芽生えだな」

みなさん、こんばんは。 子どもの成長が嬉しくもあり、寂しくもある荒馬です。 夕食後、小凡師くんと AmazonプライムTVで『るろうに剣心』のアニメを観ました。 荒馬もかつて観たことがあったので懐かしく、 小凡師くんは歴史好きなので、面白そうと反応し…

スキー遠足

みなさん、こんばんは。 明日は苦手なお弁当作りがあるので、 まずは、早起きを頑張ろうと思っている荒馬です。 明日は小凡師くんのスキー遠足。 要は、 朝からスキー場へ出かけ、午後までスキーを滑る スキー授業の長時間バージョン。 お弁当を持って出かけ…

節分 季節行事と絵本

みなさん、こんばんは。 久しぶりに季節行事をきちんとやった荒馬です。 教師時代、季節行事を知らない生徒が多く、 毎月、 その季節にちなんだ行事などを記したカレンダーを作ったり、 花(造花)を飾ったり、 授業で季節行事と文学を絡めた授業を取り入れ…

カメラが面白い

みなさん、こんばんは。 夫婦で、カメラに夢中になっている荒馬です。 凡師さんは以前からカメラに夢中でした。 荒馬も【ただ】写すのは好きでしたが、 「あっ、いいな!」パシャッ という程度。 それが、 今では、 凡師さんに教えてもらいながら、 面白いア…

『そらいろ男爵』

みなさん、こんばんは。 何かをしたい・何かを伝えたいと思った時、 手段とか、やり方って、大切だなぁと思った荒馬です。 「〇〇したい」「〇〇を伝えたい」と思うと、 割と直球で、相手にぶつかってしまいます。 考えなしにというほど、浅はかではないつも…

『ねこねこ日本史』

みなさん、こんばんは。 じわじわとハマり始めている荒馬です。 現在、Eテレで放送されているアニメ『ねこねこ日本史』 毎週水曜日午後6時45分から放送されています。 歴史好きの小凡師くんは、 欠かさず番組を観ています。 登場するのが全てネコ。 毎回…

『もう ぜったい うさちゃんって よばないで』

みなさん、こんばんは。 子育てや思春期・反抗期について考えてみた荒馬です。 小凡師くんの3学期がスタートしました。 4月には6年生になる小凡師くん。 今日、二計測があり、なんと荒馬と並ぶ170㎝に。 体の成長もさることながら、 心もグングンと伸…

『ぼくのジイちゃん』

みなさん、こんばんは。 年が明けてから、なぜか頭に何度も浮かび、 亡くなった母や祖父母のことをよく考えている荒馬です。 そういえば、雪が降ってから会いに行っていませんでした。 自宅から来るまで30分ほど走った場所に、 母がいます。 時間ができた…

『大坂城 絵で見る日本の城づくり』

みなさん、こんばんは。 旅の思い出と共に、回ったお城のパンフレットを じっくりと読み返している荒馬です。 いつも城巡りをすると、そのお城のパンフレットを 購入しています。(売っていない場所もあるのですが…) そして、今回は、お城関連の雑誌も購入…

雲が寒い

みなさん、こんばんは。 凡師さんの実家でのんびり過ごしている荒馬です。 昨夜、2週間ぶりに雪道を走りました。 慣れているはずなのに、 雪道が怖くて、ドキドキしながら運転しました。 さて、 2日ほど更新ができませんでしたが、 旅の最後は名古屋でした…

温泉と旅行とSA

みなさん、こんばんは。 久しぶりに近所の温泉に入った荒馬です。 家でゆっくりとお風呂に浸かるのが好きです。 荒馬は熱めのお湯が好きなので、 夏場でも42度・冬場は43度に。 冬場は、部屋の中が寒いので、すぐに厚着をして、 湯冷めしないようにして…

時間が足りない

みなさん、こんばんは。 何だかバタバタとしていて、時間が足りないと焦っている荒馬です。 気付けば12月も下旬にさしかかろうとしています。 2016年が終わる感慨深さに浸る暇も無いほど、 何だかバタバタとしています。 やり残していることが多いのに、…

正月事始め~荒馬の場合~

みなさん、こんばんは。 いよいよ年の瀬が迫ってきたなぁと、 のんびりと思っていた荒馬です。 旧暦の頃から続く、今日は【正月事始め】 他の風習は消えてしまったり、日付の固定がなかったりと、 変化してしまっているものが多い中、 【正月事始め】は12…

言葉のチョイス

みなさん、こんばんは。 使う言葉によって、相手の受け取り方が 大きく変わる事を体感した荒馬です。 10月から、月に一度は風邪の症状が出ている 小凡師くんと小小凡師くん。 心の中で 「ほんっっっっとに男の子は、体が弱い」と、 以前聞いたことのある、…

『かまくらレストラン』

みなさん、こんばんは。 かまくら作りが大好きだった荒馬です。 冬になると日が落ちるのが早いため、 学校で決められている帰宅時間も早くなります。 冬期間は16:30には帰宅しましょうと。 その頃はすっかり真っ暗なのですが、まだ16:30。 夕飯に…

『クリスマスのふしぎなはこ』

みなさん、こんばんは。 12月に入り、にわかに街中が浮き足立っているなぁと 感じた荒馬です。 12月に入った途端に気温が上がり、雨。 積もった雪も消えたり、ゲチャゲチャになっていたり、 氷の上に水があるから滑りやすくなっていたり、 でも、明日は…

『ありがとう』

みなさん、こんばんは。 参観懇談に出かけるたびに、ちょっとだけ 悲しくなったり、モヤモヤしてしまう荒馬です。 今日は【スマホ・ゲーム・メディアの弊害について】という 道徳の授業を参観してきました。 自分の子が座っているグループに混ざり、話し合い…

服を買いに行く

みなさん、こんばんは。 子どもの成長を服を買うことで実感する荒馬です。 タイトルの服を買う…は、 小凡師くんと小小凡師くんの服。 子どものうちは、過剰なオシャレは必要ない。 最低限の数の服で良い。 と荒馬は思っています。 自分に合う服を選び、オシ…