読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

髪型を変える

子育て・親子ネタ・家族 考え方・行動・思考など 荒馬日記

こんばんは。

小凡師くんに「ちびまる子ちゃんみたい」と言われた荒馬です。

 

母親になって、優先順位が変わったもの。

化粧品・洋服・美容室

自分の容姿や美容に関する部分は、

後回しの後回し。

最後の最後に、金銭的・時間的余裕があった時のみになりました。

必要最低限の身だしなみなどができる程度には

保っていますが、

それでも、

独身の頃、夫婦2人の頃と比べると、激減。

とは言え、

それなら、それ相応の暮らし方ができるもので、

例えば洋服は、

トレンドのモノではなく、長く着られるモノを買う(着る)。

美容室なら、

半年以上、美容室に行けなくても、

何とかアレンジでごまかせる髪型などにしてもらう。

化粧品は、

(肌が弱いのですが)ランクは下げても、肌に悪くないものや

化粧の仕方でそれなりにできるように。

 

という具合に変化。

荒馬自身は、全くストレスも不満も溜まりません。

欲しくて堪らない、美容室に行きたくて堪らない時には、

その都度、実現できています。

おそらく、

考え方・次に【行きたい・欲しい】となる欲求が出る時期も

生活の変化に合わせて、変化するものなのかもしれません。

 

ちょうど、半年くらい経つと、

「あ~、そろそろ美容室に行きたいなぁ」と思ったり、

「春物の服を買ったのは、〇年前だから、そろそろ」と

思う時には、金銭的・時間的余裕がポンッっと生まれたり。

 

そういうものです。

 

というわけで、

望み通りに髪型を変えるのは半年ぶりの美容室へ。

半年以上も放っておくと、さすがにマズイので、

それを見越して、3ヶ月前に少しカットをして、

次回、やりやすいようにという下準備はありましたが……。

 

今回は小凡師くんも一緒に。

荒馬は3ヶ月は行かなくても大丈夫ですし、

その時の髪型や髪質によっては、1年行かなくても大丈夫なのですが、

さすがに男性は、そうはいかないものですね。

凡師さんも、1~2ヶ月おきに散髪に出かけます。

女性より頻度が高いぜぇと思ってはいたのですが、

これは、女性によりけりですよね。

 

小凡師くんは、床屋ではなく美容室。

荒馬と同じ所へ行っているので、

自動的に、荒馬サイクルに合わせてもらっていたのですが、

(小凡師くんをエサに、自分も美容室へ行けるので……)

だんだん、小凡師くん1人だけ行かせて、

荒馬は我慢の時が増えてきています。

さらに、

小凡師くんは、【かたい・多い・癖も強い】という

髪のお悩み上位を3つも持っているので、

必然的に短髪にします。

 

短髪にすると、やはり1~2ヶ月おきに行かないと、

だらしなさが目立ってきて、

3ヶ月おくと、寝癖ともともとの癖が強く出て、

何をしても直らなくて、中途半端な長さゆえ、

見た目が、

とてもだらしなく見えます。

それでなくても、校内で1番背の高い小凡師くん。

ただでさえ目立ちます。

 

少しずつですが、【身だしなみ】のマナーなんかも

教えてあげられればと思っています。

不衛生に見えたり、だらしない着方などが、

相手にどんな印象を与えるのか。

そこまで、うるさく言うつもりはありませんが、

あえて相手を不快にさせる必要もありませんし、

それなら、相手に好印象を持たれる方が良いはず。

 

勉強の習慣と一緒で、こういう事も習慣づけられると、

後々、少しは役に立つのでは?と思っています。

 

もう少しすれば自我が確立し、価値観も確立してきます。

その時に、【これは違う】と思えば、

ばっさり切り捨てれば良いだけで、

強要はしませんが、知識として伝えていこうと思っているわけです。

親としては、バランスが難しいところですが、

ここは、

荒馬も学びの場として考えています。

 

押しつけず、置いてくる。

考える余地を残しつつ、土台となることは提供する。

 

先に終えて、帰宅した小凡師くん。

荒馬が帰宅した時に

「可愛くなったね。でも……、でも…、

   なんだか、ちびまる子ちゃんみたいな髪になったよね。

      いや、これは悪口じゃないよ。褒めてるんだからね」と

必死に言えば言うほど、バカにされていると感じた荒馬でした。