読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

絵本で生まれた素敵な時間

みなさん、こんばんは。

今日はとってもほっこりとした気分になった荒馬です。

 

荒馬が最近、絵本に夢中なのは、しつこいほど書いてきました。

養成講座が、いよいよ来週に迫り、毎日ワクワクしています。

そんな荒馬、

絵本を貸してあげることも多くなりました。

家に遊びに来てくれた友人に貸したり、

「〇〇の時に読んであげる絵本ってどんなのが良い?」という

相談をされて、貸してあげたり、絵本の名前を教えてあげたり。

凡師家には、週に2回、訪問看護師さんが来てくれます。

看護師さんの1人が、絵本がとても好きで、

そのお子さんも絵本が好きだと聞いて、

半ば、押しつけるように貸していました。

今ではすっかり、親子共に楽しみにしてくれているのが嬉しいです。

先日も10冊の絵本を貸しました。

今日、それを返してもらったのですが、

「娘(中1)と息子(小4)が荒馬さんを絵本の先生と呼んでいて、

 楽しみにしてくれてます。しかも、2人とも、読み聞かせを

 せがんできて、久しぶりに子ども達に読み聞かせをしました。

 みんなで感想を言い合ったりして、忘れていた時間が戻って、

 とても素敵な時を過ごすことができました。」と

おっしゃって下さいました。

 

改めて絵本を読むと、その意味を理解できたり、考えたり、

深い部分を分かることができて、お子さん達も絵本の魅力を

再発見したそうです。

さらに、読み聞かせをしてもらう方が絵をじっくり見られるとも

言っていたそうです。

 

小学生には小学生だからこその受け取り方

中学生には中学生だからこその受け取り方

大人には大人になったからこその受け取り方

が、それぞれあるのですね。

思いがけず、感謝の言葉を言われて、

荒馬まで、嬉しくポッと温まる気持ちにしてもらいました。

 

言われてみると、

絵本を大量購入してから、小凡師くんも再び絵本を手に取るようになりました。

近頃は、歴史の本しか読んでいなかったので、嬉しくなりました。

そして、「お母さ~ん、読み聞かせしてーーー」とお願いされたり、

「僕が読み聞かせしてあげるーーーー」と言われたりします。

凡師家も懐かしい素敵な時間を楽しめています。

 

荒馬の住む地域には、絵本セラピストさんがいません。

来週末、認定された暁には、是非、この地域にも、

絵本の良さを広められたらと思っています。

 

そして、今日も1000字以内に収めることができましたーーーー。