読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『わたしは樹だ』

みなさん、こんばんは。

クリスマスがテーマの絵本を読むつもりが、

思いがけず深い絵本に出会った荒馬です。

 

その深い絵本とはこちら。 

わたしは樹だ

わたしは樹だ

 

樹が、種から立派な樹になり、その後の思いを綴っている絵本です。

荒馬の勝手なイメージですが、【樹】という字を見ると、

野太く、それでいて落ち着ける声をイメージしてしまいます。

ですので、自分で読んでいると、

ついついそんな声が朗読してくれている感覚になりました。

 

樹の一人称で語られている文。

絵の効果も相俟って、一文がズーンと心に染みこみました。

決して難しい言葉を使っているわけではありません。

ですので、理解は簡単にできます。

しかし、

その言葉の重みというか、語りかけられている感じが、

心に脳に染み渡ります。

樹の一生と人間の一生が重なる部分のあり、

読み終わった時「ふーーー」と深いため息というか感嘆の声というかが、

出てきました。

 

昨日、愚痴めいたブログを書いただけに、

昨日の自分への戒めな感じさえして、

「荒馬、自分はちっちぇー人間だなぁ」と、

もう1人の荒馬が言っているようでした。

 

今日は、昨日のブログの件で、

仲良くしている友人にも愚痴をこぼしました。

さすが彼女は、全て話さなくても、分かってくれました。

そして、今の私が欲しい言葉を言ってくれました。

こういう友の存在は本当に有り難いです。

グチグチ言っているだけではダメだと分かっていても、

いつもにっこり笑っているのも難しいのが現実。

たまには、

こうして、愚痴って、【黒い荒馬】を排出し、

また元気に笑えるというのは必要だと、改めて感じました。

 

その後に、この絵本を読んだので、

乾いているスポンジに水がしみこんでいくように、

スルスルと吸収していきました。

 

日が短く、夜が長いこの季節は、

考え事をしたり、深く考えたりする時間が増えます。

それが時には、【黒い荒馬】を表出させることもあるのですが、

割と、こういうの、好きです。

 

とは言え、クリスマスの楽しい気分も絵本で味わいたいので、

明日は、ニッコリ笑えるクリスマス絵本を読もうと思います。

 

:余談:

(最後の「クリスマス」という文字を入力するとき、

      「苦します」になって、苦笑いをした荒馬でした)