読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『なつねこ』

みなさん、こんばんは。

風鈴が大好きな荒馬です。

 

荒馬の住む所は、一年中、風が強いです。

昨年、奈良の友人家族が「今日の風は警報とか出てるレベルですか?」と

言うので、「いえ、今日はこれでも穏やかな方ですよ」と答えると、

とてもビックリしていました。

ですので、少し窓を開けると、途端に涼しく(寒く)なります。

そして、

風鈴が風情もないほど、鳴り響く日の方が多いです。

だからこそ、穏やかな日に聴く風鈴の音が、

この上なく好きです。

 

ただ、真夏でも25℃前後で風の強いところですので、

お店に行っても、あまり風鈴をみかけません。

そもそも、風鈴を吊す習慣も減ってきているのでしょうか。

我が家では、

小凡師くんも小小凡師くんも、風鈴の音色が大好き。

 

さて、風鈴にまつわる絵本のご紹介です。 

なつねこ (講談社の創作絵本)

なつねこ (講談社の創作絵本)

 

この絵本も、セラピスト仲間がプログラムで使っていた絵本です。

自分ではまず手に取らない絵本。

(昔飼っていたネコを思い出すので、ネコの絵本を遠ざけているのかも…)

でも、手にとって大正解!! こういうストーリー大好きです。

表紙にいるネコの兄妹は風鈴職人。

【あるモノ】をガラスに混ぜて風鈴を作るのですが、

なかなか普通の人は聞き取ることができないその音。

その【あるモノ】の正体だったり、

ネコの兄妹のたたずまいだったりが、荒馬のツボです。

 

実は、『はるねこ』『あきねこ』『ふゆねこ』の4冊があります。

どの絵本も素敵なストーリーでした。

絵も色がとてもキレイに描かれています。

 

どの季節のネコも素敵な役目を持って出てきます。

人間の女の子に手伝ってもらったり、一緒に活動したりして、

その役目を果たしていきます。

とても温かい気持ちになれる4冊の絵本。

 

これは確実に本棚に並ぶ絵本に確定です。

素敵な絵本に出会うことができました。

仲間に感謝です。

 

今現在も、湿度が高い室内なので、窓を開けているのですが、

ずっと風鈴が鳴りっぱなしです。

男衆が起きるといけないので、

降ろした方が良さそうです。