読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『わすれもの』

こんばんは。

素敵な絵本に出会えた荒馬です。

 

今、荒馬にしては珍しく、

ストレスが溜まりに溜まっています。

これまでは、

上手にガス抜きができていたり、

寝て起きたら忘れてるといった感じで、

ストレスを溜めるということがなかったのですが…

環境が変わって動揺してるのは、

実は荒馬かもしれません。

今まで経験がなかったので、

そのストレスがたまった状態の、

自分に戸惑っています。

 

これは良くないと思って

始めにやったのが、

絵本を買うこと。

ずっと我慢していたので、

我慢するのをやめてみました。

そして、

今回買った絵本の中で、癒されたのが、

こちら 

わすれもの

わすれもの

 

公園のベンチに忘れられてしまった、ヒツジのぬいぐるみが、

持ち主の女の子を待っているお話です。

カラスにいたずらされても、雨が降っても、

必ず来てくれるから…と待ち続けます。

そして、翌日…。

 

ぬいぐるみの表情がとても愛くるしく、健気で…。

内容も絵も癒やされました。 

 

やはり、絵本の力は大きいなぁと思いました。

セルフカウンセリングにも最適です。

問題が解決したわけでも、

やらなきゃならないことが

終わるわけでもありませんが、

それでも、

誰かに聞いてもらうことも、

気晴らしに外に出ることもできない、

今の荒馬には、

絵本を読む時間がとても貴重で、大切です。

 

会って話すことはできませんが、

友人にハガキや手紙を書いたり、

メールなどで連絡をして、

やり取りをさせてもらいました。

それも救いになりました。

 

周りの友人に恵まれていることに、

改めて感謝すると共に、

離れていても、

寄り添ってくれる人はいると思えました。

近くにいても、近くだからこそ、

伝わらなかったり、理解してもらえない。

そんな時、

逃げ出したくなったり、

気落ちしてしまいますし、

無理に笑顔を作って、元気に見せようと

してしまうのですが、

物質的な距離ではないのですね。

 

心の距離とでも言いましょうか。

そんなことを感じた荒馬です。