読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

『とげとげ』

絵本 考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

この年になれば多少の【とげ】も気にしなかったり、

試練と考えられるようになった荒馬です。

 

今日は最初に絵本の紹介を。 

とげとげ (絵本・こどものひろば)

とげとげ (絵本・こどものひろば)

 

 周りの人から【とげ】があることで、

悪口を言われたり、嫌われてしまう主人公。

ある日、猿にいじめられている時に、ヤマアラシに助けられます。

そこで初めて、弱音を吐くことができました。

そして泣くこともできました。

その後、トゲトゲとヤマアラシは…。

 

荒馬、ついついメッセージ性の強い絵本を選びがち。

これは絵本セラピスト®の養成講座に通っている時に買った絵本。

当時は、まだまだ教師の自分が抜け切れていなかったのか、

選ぶ絵本は、どれも、メッセージ性が強いモノばかり。

それでも、道徳の授業などでは、

直球のメッセージで、直球の感想がもらえるような気がします。

 

誰しも一度は、イジメとまではいかなくても、

嫌な思いくらいはしたことがあると思います。

荒馬だって。

「どうせ嫉妬から、こういうことを言うんだ」

「こっちが気にしてなければ、そのうち飽きるだろう」

そう考えて、言い聞かせて、やり過ごす日々を過ごしたことも。

こういう小さな事はどこでもありましたが、

荒馬に、試練を与えたのは、

いつも家族や親戚などの身内だった気がします。

 

1人では抱えきれないような事も。

かと言って、他の誰かに相談したり、弱音を吐けるようなことでもなく…。

それは大人になっても同様。

いつも身内から、【試練】が与えられます。

 

そんな時、荒馬にとって救いなのが、

数は少ないですが、周りにいる友人たち。

そして、大人になってから知り合った人達。

素敵な人達が周りを囲んでくれるので、

自暴自棄になったり、落ち込み過ぎずにこられていると思っています。

たくさんもらっているのに、

少しも恩返しができていないのが、気になっていること。

だから、自分のためではなく、自己満足ではなく、

誰かの役に立ったり、誰かを笑顔にできるようなことをしたいと

強く思うようになったのだと思います。

 

そして、

自分自身も明るく元気に笑顔でいようと思える気がします。

そう思えるようになれた、様々な出会いに改めて感謝しています。

年末が近づき、

今年の締めくくり。そんなことを考える時間を作るのも大事ですよね。

周りの人に恵まれているんだ…だけではなく、

荒馬自身も、その1人になって、

誰かを幸せに、笑顔にできるような人になれたら…。

今年の荒馬はどうだったのだろうか。

 

【試練】の残像に侵食されてはいなかっただろうか。

【ないものはない。あるものに目を向けるんじゃ】

大好きな漫画のセリフです。

ジンベエさん、荒馬、頑張ります。