読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

さよなら下手になっていく

みなさん、こんばんは。

年を重ねると、【お別れ】が、より寂しくなる荒馬です。

 

別れにも色々あります。

もう一生会えなくなる別れ。

一時的な別れ。

再会が約束された別れ。

決意の別れ。

再会を夢見る別れ。

仲違いの別れ。

未来のための別れ。

幸せのための別れ。

 

どの【別れ】も年を重ねるとダメージが大きくなる。

と感じた荒馬でした。

 

昔と違って、連絡を取るツールはたくさんあります。

それでも、顔を合わせて、時間を忘れて、

楽しい時間を過ごすことには、やはり敵うモノはありません。

年を重ねると、

新しい出会いは、恋愛でも、友情でも、能動的にならなければ、

待っているだけでは、難しくなるような気がします。

日常の生活に追われたり、

【自分のための時間】が貴重になるので、

ついつい、時間ができれば、そこに費やしてしまう。

 

新しい出会いは、無くても困りはしないけれど、

あれば、やはり嬉しくて、

世界が開かれる気がします。

 

【ようこその世界】【初めましての世界】は、

ワクワクして、ドキドキして、

新しい発見をしたり、これからの未来を考えると、

言葉が過ぎるかもしれませんが、希望に溢れています。

それゆえ、

そこからの【サヨナラ】は、ダメージが大きい。

また会える【かも】。

いつか会える【よね?】

が実に曖昧で、不確かだから寂しくなるけれど、

それでも、

やはり日々に追われ、その気持ちも薄れやすくなります。

 

会いたいなぁ。どうしているかなぁ。

そう思えば、

色々な手段で【間接的に会う】ことは可能です。

だから、落ちきることはありません。

 

それでも、やはり、寂しくなるものです。

嬉しいのに、寂しい。

寂しいけれど、未来が楽しみ。

複雑な心境を、抱えながらも、

「さようなら」ではなく、「またね」と笑って手を振る。

 

今日、大好きな友人との別れ際は、まさにそんな感じでした。

いつもと違って、

別れ際に時間が必要で、お互いに、動き出せず、言葉も発しづらい。

彼女にとっては、新しい世界へ向かうための、

嬉しい船出なのに、

その船出への不安と喜び、もう容易に会えなくなる寂しさ。

 

たぶん、荒馬も彼女も、あの瞬間、

同じことを考え、同じ事を飲み込み、同じ表情をしていたと思います。

 

若い頃は、【別れ】が、ただの節目で、

むしろ、これからの未来に出会う人や、起こる出来事への希望の方が

大きく、

通り過ぎる景色の1つ・1つ増えた思い出だけで十分だったのだと思います。

 

40歳を手前にすると、

簡単に通りすぎるには、心が【今】に強く引っ張られる気がしました。

喪失感の残り方が強いです。

 

そういう友人に出会えた自分は幸せだと感じます。

荒馬にとって、とても大切な友人なのだと、再認識できました。

顔を合わせる機会は減るけれど、

あらゆるツールを駆使して、

連絡を取り続けようと決意した【別れ】でした。