読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

手紙を書く

みなさん、こんばんは。

久しぶりにハガキではなく、手紙を書いた荒馬です。

 

帰省中にちょっと気になる筆ペンと便せんを買いました。

普段使っているノートで書いてみると、慣れていないこともあって、

あまり上手に書きこなせなかったのですが、

その便せんを使って書いたところ、

とても滑らかに筆が運び、

思いもしっかりのせて手紙を書くことができました。

 

毎月書いている筆文字メッセージハガキ、

このところ少しバタバタしていて、書けていません。

書く字は決まっていて、

試し書きをして、バランスなども調整したのに…。

一度に数十枚書いて、出すので、

そこにじっくりと向き合う時間がとれなくて、

あ~、何だかバタバタは続いていると感じています。

 

今週末、同期の絵本セラピスト仲間達との

勉強会が予定されています。荒馬は行くことはできませんが、

紙面参加という形で、参加することに。

プログラムを作り、今回の主催者である仲間に

レターパックで参加人数分を送ることに。

そこに添え書き程度の手紙を…と思って書き始めたのですが、

書きたいこと、伝えたいコトがたくさんあって、

気付くと4枚ほどに。

読む方は大変ですよね。

 

でも荒馬、手紙となると、簡潔にまとめるのが苦手で…。

ついつい、あれもこれもと書いてしまいます。

その上、

先ほど書いたように、スルスルと書けてしまう筆記具だったので、

より一層…。

 

とは言え、久しぶりに手紙を書きました。

メールも手軽ですし、リアルタイムでやりとりができます。

ハガキだって好きなのですが、伝えたいコトの半分以下しか

書くことができません。(荒馬の文才が低いだけなのですが…)

ですので、

今回の手紙は、

時間差が生じますが、じっくり時間をかけて、

今荒馬が考えていること、その仲間に伝えたいことを

書かせてもらいました。

表情がない分、どこまで伝わったのかは分かりませんが、

彼女なら、字の羅列から、思いをくみ取ってくれると信じています。

 

このブログもそうですが、

伝えたいコトを簡潔に…というのは苦手です。

話をしても、長引いてしまうし、

手紙にしても枚数がかさむし…。

読書をしたり、他のブロガーさんのブログを読んでいるのに、

いっこうに自分の才に活かすことができません。

 

自己満足だけを書き流して、

読み手を意識した文章構成ができないのは、

ある意味、

致命的なのかもしれません。

 

簡潔に話せるようになりたくて、ブログを書いていて、

簡潔に書けるようになりたくて、日常の会話も気をつけているのに…。

 

たぶん、自分が考えているほど、

直したいと思っていないのかもしれません。

直す必要性も今は特にない状況なので…。

 

それでも、絵本セラピーをする上では、

独話術というか、講演力というか、

話す力は必要です。

鍛錬が必要です。バランス良く力をつけていかなくては…。