読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

祖母との思い出

みなさん、こんばんは。

祖母との思い出が少ない荒馬です。

 

父は8人兄妹の末っ子。

母は6人兄妹の5番目。

ですので、荒馬が物心ついた頃には、

祖父母はかなり高齢になっていました。

母と4つしか違わない従兄弟がいたり。

従兄弟と遊ぶのが楽しいと言う周りの友達とは、

少し違う感覚でした。

 

父方の祖母は、年の離れた1番小さな孫である荒馬を、

とても可愛がってくれました。

おそらく、ひ孫と言っても良いほどだったと思います。

着物を買ってくれたり、一緒に買い物へ出かけたり…。

その思い出も、大人達から聞いたり、うっすらとした記憶だけ。

荒馬が覚えている祖母は、今で言う認知症を患ってから。

当時は認知症という言葉ではないですし、

周りの大人達の対応も、今ほど寛大で理解あるものではありませんでした。

何かの本で、【人間は、子どもから大人になり、再び子どもに戻る】と

書かれていましたが、まさにその通りの祖母の行動でした。

大人達は日々、イライラし、オロオロし、子どもに戻る祖母に、

振り回されていましたが、

荒馬は、まるで妹ができた気分。

大人達には理解できなくても、子ども同士なら、簡単に理解できる事でした。

認知症を患いながらも、それから10年ほど元気に子どもに戻る祖母。

天寿を全うし、98歳で12年前に他界しました。

 

母方の祖母は、孫にも容赦ないほど、躾に厳しい人でした。

とかく、【女性であること】【品を持つこと】に対しては、

母が祖母を止めに入るほど、特に荒馬には厳しくしていました。

なにせ、

他の従姉妹と比べても、ヤンチャ過ぎるので…。

時代なのか、

女性は結婚すれば男性の家の人間になる。だから、実家には来るな。

と言う祖母でした。ですので、祖父母の家に行っても、割と邪険にされており、

母が少し気の毒に見えました。

ですので、母方の祖父母とは、あまり一緒にいた思い出がありません。

祖父とは【時計】という共通の事がありましたが、

祖母とは共通項もなく、ただただ叱られた記憶のみ。

不慮の事故で、荒馬が中学生の時に相次いで祖父母が亡くなり、

お葬式の時の記憶が1番鮮明に残っているという、少し残念な思い出です。

 

息子達には、なるべくたくさん祖父母との思い出を作りたい。

そんな風に思っています。

残念ながら、荒馬母は小凡師くんの顔を見ることなく旅立ちましたが、

その分、荒馬父が母の分も、小凡師くんと小小凡師くんに

関わってくれています。

「孫は責任がなくて、ラクだ。」と、元来子ども好きの父が楽しそう。

今は孫の笑顔を見られるだけで、健康を維持できるようです。

 

凡師さんの両親とは、離れて暮らしているので、

年に2回は必ず会いに行っています。

年に2回しか会えないので、

おそらく、

孫の成長に付いていけないのかもしれません。

会う度に大きくなり、言動も大人びてくる孫。

それに対応できない祖父母。

たまに、小凡師くんが

「おじいちゃん、そういうのは、やめた方がいいと思うよ」

「おばあちゃん、それは違うと思うよ」

などと、意見すると、大変、驚いた表情をします。

 

本日11歳を迎えた小凡師くん。

今後、ますます心も成長し、祖父母達を驚かすことでしょう。

まず、

冬休みの帰省では、

身長の高さに驚き、低くなってきた声に驚くことでしょう。

 

孫と祖父母の会話を見ていると、

本当に微笑ましく、荒馬の楽しみでもあります。

 

明後日は吹雪の予報。

本格的な冬の到来を感じますが、ということは、

帰省の時期が近づいたということ。

秋田で過ごす冬も12回目。今年は、どんなエピソードが待っているのか、

とても楽しみです。