読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『モカと幸せのコーヒー』

みなさん、こんばんは。

小凡師くんと近所のカフェへ行き、癒やされた荒馬です。

 

近い将来、自宅カフェを開きたいと考えている荒馬。

喫茶店・カフェ・レストランなど飲食店に行ったとき、

今までとは別の視点でお店を見ている自分がいて、

店主さんと色々と話したり、写真を撮らせて頂くことが増えました。

今日も昼間、近所にオープンしたカフェへ行きました。

常連さんの様子を拝見するだけで、素敵な空間になっていると

感じられるお店でした。

機織り機で、店内で使っているコースターを手作りしており、

ストールなども販売していました。

小凡師くんも、機織りに挑戦させて頂けて、楽しい時間を過ごしてきました。

 

さて、今日の絵本は、

来てくれるお客様がこんな気持ちになってくれれば素敵だなぁ。

店内もお出しするメニューにも、そんな雰囲気を纏わすことができたら

良いなぁという理想型が詰まった絵本です。 

モカと幸せのコーヒー

モカと幸せのコーヒー

 

作者の刀根さんがインタビューの中で、

  【絵本は子ども向けというイメージがありますが、

  『モカと幸せのコーヒー』は、ぜひ大人の方にも

  手にとっていただきたい絵本です。昔、何かに熱中したり、

  純粋に夢を抱いていたころのキラキラした気持ちを思い出し

  ていただけるかもしれません。モカがいれる温かくおいしい

  コーヒーで、ほっと一息ついて、その疲れをとってください。】

とおっしゃっています。

 

日常に疲れてしまった青年の前に突然現れた白いウサギ。

ウサギが出してくれるコーヒーを飲んで、久しぶりに笑うことができた青年。

「だいじょうぶ、泣いていいんだよ。モカはずっときみのそばにいるよ」

こんな風に温かい言葉をかけてくれます。

 

コーヒーを扱った絵本を探しており、見つけた絵本。

とても良い出逢いをしたと思っています。

まだまだ絵本を知らない荒馬は、

今まで手に取らなかった絵本、人から勧められた絵本を購入し、

絵本力を養っている最中。

探せば、コーヒーが出てくる絵本がまだまだあるかもしれません。

 

このブログを、お読み頂いている方にも(コーヒーが苦手な方でも)

読んでみて頂ければと思う絵本です。ホッと一息つけると思いますよ。