読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『いっしょだよ』

みなさん、こんばんは。

絵本が山積みになっているのが幸せな荒馬です。

 

今日から絵本の紹介を入れていこうかと思います。

私見がほとんどなので、自己満足になりそうですが、

簡単なあらすじ・どんな気分の時に良いかなど書ければと思っています。

感想やどんなメッセージが込められているかは、

あまり書かないように気をつけようと思います。

他人の先入観が入るほど、邪魔なものはありませんしね。

そして、本の中身の写真は掲載しません。

これあまり広く知られていないのですが、本の中身をブログやSNS

掲載するのは、著作権の中の【人格権】に抵触します。

コピーして人に手渡すのも同様です。下手すると【二次使用】に関わることも。

おっと、前置きが長くなりました。

今日の絵本は『いっしょだよ』

絵本の中でも[写真絵本]に分類されるものです。

 

いっしょだよ

いっしょだよ

 

 写真家でもある作者が、写真と文(詩に近いです)を担当しています。

全ページ、森の写真。作者の小寺さんは森が大好きなのだとか。

海外へ渡り、帰国後は北海道へ移住して、現在に至ります。

『いっしょだよ』では色々な視点で森を切り取っています。

タイトルにもあるように、【いっしょ】がキーワード。

写真を見ているだけでも、まるで森林浴をしているような癒やしが。

文を読んでから再び写真を見ると、また違う楽しみがあると思います。

【いっしょ】の受け取り方は様々だと思います。

色々な【いっしょ】が本の中にも載っています。(写真も文も)

しかし、写真の癒やしと共に言葉の癒やしもあると思います。

 

一般的に男性は

   〇起承転結がはっきりしているもの

   〇ストーリー性があるもの

   〇終わりが、はっきりしているもの

を好むと言われています。

ですので、詩よりは格言・名言のほうが好きですし、

ふんわりと余韻を残したものを敬遠する傾向があるようです。

ただ、写真については、男性の方々も嫌ではないはずです。

 

もちろん、子どもが見ても、子どもなりの受け取りがありますが、

こちらは、ちょっとお疲れ気味だったり、凝り固まっている大人の方に

ゆっくりと読んで(見て)頂きたい一冊です。

 

荒馬の最近のお気に入りの一冊で、毎晩読んでいます。

作者が出している他の写真絵本も是非Getしよう考えています。

 

だって春だもん

だって春だもん

 

 

 

森のいのち

森のいのち