読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

母の日のプレゼント

こんばんは。

義母の嬉しそうな顔を見て、

こちらまで嬉しくなった荒馬です。

 

小雨から晴天に変わった今日は、

小凡師くんの運動会。

20℃まで気温が上がり、

信じられない気持ちでした。

父や兄に連絡すると、

以前まで住んでいたところは、

昼間でも9℃ほどだったとか…。

 

転校して1ヶ月で迎えた運動会。

子供は順応性があるとは言え、

6年生での転校。

体操着がある学校生活、

運動が苦手なのに1000m走、

よさこいソーランの演舞、

係の仕事、

最上級生としての立場など、

初めての環境の中、

懸命に頑張る姿を見て、胸が熱くなりました。

 

最高の母の日のプレゼントです。

欲を言えば、何か欲しかったですが…

 

凡師さんと荒馬から、義母へは、

f:id:fuku-fukuro:20170514225417j:image

こちらのアレンジメントをプレゼント。

いつも良くしてくれて、

お花が大好きな義母。

とても喜んでくれました。

その顔を見ているだけで、荒馬まで、

嬉しくなりました。

 

アレンジメントを

買いに行った時のエピソードですが、

やはり店員さんの応対が素敵すぎました。

これにも感動です。

そして、

荒馬、プレゼントとして、

アレンジメントを送る際の値段相場は、

最低が、3,000円。

どんなお祝いやプレゼントとして

贈るかによって、上限は変わります。

 

今回は、凡師さんと相談して、

値段設定をしましたが、

たいがい花屋さんへ行くと、

もっと素敵なアレンジメントを見つけて、

予定よりもオーバーするのです。

それが、

予算内で素敵なアレンジメントを発見。

しかも、

店内にある中では、1番高いアレンジメント。

「これ以上のは置いてないんだぁ。

    でも、ついつい素敵な方に目が行くから、

    このアレンジメントなら、

    値段も見た目もバッチリ!」

と思いつつ、レジカウンターへ。

 

店員さん「このアレンジメント素敵ですよね。

                  誰も買ってくれなくて、

                  少し寂しかったんです」

荒馬「そうなんですか?こんなに素敵なのに」

店員さん「お値段が高いので…」

荒馬「えっ、アレンジメントなら、

           これが相場くらいではないのですか?」

店員さん「いえ、皆さん、もっと

                  お求めやすいものを

                  買っていかれています」

 

ここでも、ある意味、

地域による差のようなものを

感じました。

 

もちろんプレゼントは、

値段ではありませんが、

花束やアレンジメントは、

値段と比例した完成度や大きさが出るもの。

 

これは素敵!

これくらいないと、淋しいなぁ!

と思うものは、それなりのお値段です。

 

年に一回の母の日。

誕生日もありますが、

【母】でいてくれることへの感謝を

伝えるなら、これくらい贈っても足りないくらい。

モノや値段では、

推し量れないかもしれませんので、

これも価値観の差でしょうか。

 

荒馬自身が、

花束やアレンジメントを贈るのが

好きなので…というのもあるのかもしれません。

 

これまで、いつも郵送だったので、

ようやく直接手渡すことができました。

 

実母も花が大好きな人でした。

最近、少しイライラしていたり、

元気喪失気味だったので、

今日は、

花束やアレンジメントの代わりに、

空を見上げて笑顔を贈りました。

おそらく、

見ていてくれていると信じて…

 

来月は父の日。

実父・義父へのプレゼント選び。

小凡師くん・小小凡師くんへの働きかけを

明日からしようと思います。