読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

桜の名所巡り 大潟村 菜の花ロード&桜並木

こんばんは。

すっかり桜と華麗に咲く花々に魅了されている荒馬です。

 

もともと荒馬母が花が大好きで、

幼い頃は、自宅の庭いっぱいに、様々な種類の

花が植わっていました。

子ども時代は、花より団子ですので、

花を見ても、

綺麗だとは思っても、その時に見て満足。

芝桜が見事に咲いている場所へ行っても、

両親のテンションが上がる理由が理解できず…。

しかし、

今なら分かります。今だからこそ分かるのでしょうか。

 

今日は、秋田市に用事があったので、

途中、少し寄り道をして、

菜の花ロード&桜並木がみられる大潟村に行きました。

もちろん、

凡師さんの両親も誘って…。

 

11㎞にもおよぶ菜の花ロード。

鮮やかな黄色い、可愛らしい花が咲き乱れていました。

桜は、先週が満開だったのようですが、

荒馬からすると、

散り始めの桜吹雪の中を車で通り過ぎることでさえ、

かなりテンションが上がりました。

f:id:fuku-fukuro:20170503212650j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212711j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212738j:plain

こんな素敵な道が果てしなく続いています。

道の途中に【桜ピット】と名付けられた駐車帯もあり、

みな、菜の花の中に入り、桜の下で、写真を撮っていました。

 

そして、

f:id:fuku-fukuro:20170503212909j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212942j:plain

 

菜の花畑の上には、鯉のぼりが泳いでいるスポットにも

立ち寄りました。

そこでは、ミニSLに乗ることもできて、

ちょっとバカにしていたのですが、

なかなかのスピードで、距離は短いながらも、

楽しめる場所でした。

公園になっている場所だったので、

ちびっ子連れの家族が多かったです。

 

こちらの菜の花は、刈り取って持ち帰ることが可能。

あまりに可愛らしくて、良い香りがしたので、

少しだけ持ち帰ることにしました。

 

秋田県に来て思うのは、

どの市町村も、観光の打ち出し方が、

丁寧であり、活気があり、上手だなぁと思いました。

北海道は、

名所が点在している上に、名所を結ぶ間の町が、

ただの通過地点にしかならないところが多くある気がします。

特に北部は…。

秋田は、どの場所に立ち寄っても、

見所もあり、活気もあり、ついつい足を止めたくなる場所ばかり。

 

観光閑散期には、寂しく感じるのかもしれませんが、

観光繁忙期のあのフットワークがあるなら、

町村の底力は、確かなモノがあるだろうと、

随分と偉そうな目線ですが、

そんな風に感じました。

 

明日は、

小凡師くんのたっての希望で、

弘前城公園へ行くことになりました。

そちらも、

葉桜の桜が多くなったようですし、

弘前城天守が隠居しているらしいのですが、

荒馬は楽しみがもう一つあります。

それが、

えんとつ町のプペル展in弘前】が開催されていること。

初の屋外展示をしているそうです。

夜に鑑賞に行くのが最適なようですが、

昼間の時間、

小小凡師くんも車イスから、プペルの世界を楽しめるのではと、

今からとて楽しみにしています。

 

明日も、

【桜の名所巡り 弘前城公園 プペル展】などと題した

ブログを更新するかもしれません。

寝落ちしていなければ…