読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

気持ちの余裕

こんばんは。

今日になって、

ようやく気持ちに余裕が出てきたと感じた荒馬です。

 

凡師さんの出勤時間が早くなり、

早起きが苦手な荒馬にとって、これが1番の難関です。

いつもより30分早い起床。

頭も体も動かない状態で朝食の準備。

それでも、慣れるだろうと思ってはいますが、

やはり、寝不足の感は否めません。

 

小小凡師くんへのケアの関係で、

いつも1:00くらいまで起きていなくてはならず、

ロングスリーパーの荒馬は、

ちょっと辛い朝です。

以前は、お昼寝を挟みながらでした。

引っ越してから、

気が張っているのか、昼寝をしていませんでしたが、

今日、

気付いたら昼寝をしていました。

 

まだ春休み中の小凡師くんが、

その間に、小小凡師くんを見てくれていて、

小小凡師くんも昼寝をすると、

同居している祖父母の所に遊びに出かけていたようです。

春の陽気だった今日は、

外はポカポカ。義母と近くを散歩したようです。

 

我が家は、隣のお家がお店なので、

建物の高さもあり、

1階部分は全く陽が入りません。

ですので、

家の中は寒いくらいです。

外に出てみてビックリ!!

18℃もあったようです。(以前、住んでいた場所の夏の気温です)

 

昼間は、

新聞を読む時間も生まれました。

義父が、

自治会で残ったからと言って、

地元のお菓子をくれました。

珈琲を入れ、

そのお菓子を食べました。

本棚に並べた本を、ようやく手に取り、

ゆっくり読書する時間も生まれました。

AmazonTVで、

小凡師くん・小小凡師くんとお菓子を共に映画鑑賞も。

 

「あ~、日常が戻った」

そう感じました。

住む場所は変わったけれど、生活パターンは同じ。

やっと、そう感じられるようになりました。

 

とは言え、

明日は小凡師くんの始業式。

転校初日なので、荒馬も朝は一緒に学校へ行くことになります。

新しい先生に挨拶をし、そこで見送るというスタイル。

7日からは、集団登校。

こちらは、同じ自治会の子ども達との集団登校だそうです。

歩いて10分もかからない場所に学校があり、

これも以前と変わらりません。(中学校は遠いのでバス通学)

 

そして、

7日は小小凡師くんの入学式。

日常は訪問指導を受けますが、

入学式などの行事は本校へ出向きます。

車で10分ほど。

荒馬は、小小凡師くんが入場した後は、

席の横で一緒に入学式に参加する形を取らねばなりません。

看護師さんの配置がない学校なので…。

 

凡師さんは既にスタートしていますが、

今週から、男衆がみな、スタートです。

小凡師くんは、

みんなへの挨拶の練習をしたり、不安と期待を口にします。

小小凡師くんは、

やっと引っ越しや状況の変化を理解したのか、

最近は夜更かし気味。興奮しているのだと思います。

 

妻・母親としては、

家族の誰よりも早く気持ちの余裕を持たないと

ならないのだと感じました。

 

男衆よ、外の世界で大いに闘って来て下さい。

頑張れ、凡師家男衆!!!!!!