読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

これはホームシックなのか?

こんばんは。

これがホームシックなのか考えていた荒馬です。

 

荒馬、生まれ育った北海道を離れ、

秋田県に引っ越してきました。

北海道内でも、住んでいたのは2カ所のみ。

短大時代に2年間、1人暮らしをしていた他は、

地元に住んでいました。

地元に教師になって戻ると決めていたので。

 

短大時代、

地元を離れた高校の同級生たちは、

いつ会っても、いつ話しても、

皆一様に「寂しい」「親に会いたい」と言っていました。

荒馬は、全くなし。

たった2年間だという気持ちと、

卒業したら(この時は本学に編入しようと思っていたのですが…)

地元に戻るんだ。絶対に。と思っていたのがあったから。

 

今回の引っ越しは、

凡師さんの職業柄、新聞発表がされてからではないと、

公表できない約束が。(守秘義務というやつです)

ですので、内示が出た時点で、

凡師さんは周りの人に伝える事ができましたが、

荒馬と小凡師くんは、

仲の良い友達にも伝えることができませんでした。

そして、

公表した翌日には引っ越し。

引っ越しをした時点でも新聞発表はまだだったので、

ごく限られた人しか知りません。

当然、

送別会だとか、お見送りだとか、お別れの儀式もなし。

 

唯一、荒馬の父と兄夫婦には伝えていたので、

引っ越しの手伝いやら、お見送りをしてくれました。

引っ越しのバタバタもあり、(ギリギリまで片付かず…)

そして、伝えたい人に「さようなら」を言えなかったこともあり、

寂しさに浸るということがなかったのですが、

家を出発して、市街地を抜けると

突然、大粒の涙がこぼれました。

そこから、約1時間。ずっと泣いていました。

今回は、自家用車2台で移動。

男衆は仲良く1台に乗っていたので、

荒馬は1人ドライブ。

運転中だったとは言え、気兼ねせず大泣きすることができました。

 

こんなに泣いたのは、何年ぶりだろうというくらい泣きました。

帰省することはあっても、

私が北海道に住むことは、この先、訪れません。

(あっ、離婚すれば訪れるかな)

ここまで、故郷愛があったとは思いませんでしたが、

やはり【お別れ】は悲しいものです。

感情とは関係なく、体が悲しさ・寂しさを表出している状態。

 

とは言え、1時間泣いたら、スッキリ。

落ち込んだり、何かに浸ったりということはしませんが、

やたらと、

荒馬父&兄に連絡をしています。

電話をしたり、メールをしたり、ハガキを書いたり。

荒馬母が生きていたら、どうだったかなぁと考えたり。

あれっ!?!?

これって、ホームシックなのか?

家族を恋しいと思っているか?

 

転居通知ハガキにも

「すでに北海道が恋しいです」とか

「地元が恋しいです」「帰りたいです」と

書いてはいるものの、

言うほど、思ってはいないと自覚しているはずでした。

実際、

こちらでの生活をバタバタしつつも、楽しんでいます。

 

それでも、特に兄には何かの理由を付けては、

電話をしています。

「おれの声、聴きたいのか???」と言われるほど。

荒馬父は、現在、

病気の治療のため入院中。

あえて引っ越し後に入院&治療することにしたそうです。

もう、闘病生活も数年に及び、

この治療入院も何度かしているのですが、

すぐに行ってあげられない、距離のもどかしさがあります。

 

せめてもの親孝行と、電話をしたり。

でも、連絡しすぎると、逆に心配をかけてしまうので、

病院にハガキを出したりしています。

未だにガラケーを使い、メールやネットを一切やらない父。

秋田行きを見越して、教えようと試みましたが、断念。

それならアナログな方法でということで、ハガキです。

病室に届くハガキって、

見舞いにも匹敵する喜びがありますよね。

そう信じて、

今日もハガキを書きました。

 

2,3日したら、家の近所の写真を撮り、

それをポストカードにして、出そうと考えています。

気の済むまで、ホームシックを満喫すれば、

新しい生活に移行できると信じて…。