読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

進級・入学に向けて

こんばんは。

入学・進級がテーマの絵本を探している荒馬です。

 

小小凡師くんが4月から小学生になります。

他の新入学生とは、ちょっと違う形態にはなるのですが、

それでも新1年生。

この日を迎えられることは、

小小凡師くんにとっては、当たり前のことではないので、

本当に嬉しいです。

 

とは言え、小小凡師くんは次男

長男である小凡師くんの時とは、色々と手抜きが多いです。

二度目となると、様々なことに関して、新鮮味があせてしまいます。

完全に大人の都合ですよね。

小小凡師くんにとっては、【初めて】なのに…。

ちょっと反省です。

さらに、年々、行事ごとなどもシンプル(という名の手抜き)に

なってきています。これは、小凡師くんにも同様。

元来面倒くさがりの荒馬。

【何気ない日常が大事なのさ】

【特別なことは何もしなくても、キミ達の存在が特別さ】

なんて、体の良い言い訳を並べる、醜い大人です。

母親としても、人生の先輩としても、

何とも情けない、見習って欲しくない類いの人間です。

 

どうか、父を見て、大人になって欲しい…。

 

そんな情けない荒馬ですが、

小凡師くんは、ついに6年生になるので進級祝いを、

小小凡師くんには、入学祝いをプレゼントしようと画策しています。

 

今のところ、目を付けているのが、

 

小凡師くんにはこちら。 

 4月始まりなので、まだ間に合います。

今の小凡師くんには最高のプレゼント。

最近は、日本のみならず、世界にも目を向け始めていますが、

まだまだ戦国時代を中心とした、日本の歴史博士に君臨中。

 

そして小小凡師くんには、 

とのさま1ねんせい

とのさま1ねんせい

 

 先ほども書きましたが、小小凡師くんの小学校生活は、

みなが送る生活とは少し違います。

ですので、

【入学】をキーワードに、何冊か絵本を探したのですが、

どれもピンときません。

読み聞かせをして、教えてあげるには良いのですが、

小小凡師くんへのプレゼントとして贈る絵本は、

なるべく、小小凡師くんの学校生活に合うような内容にしてあげたい。

そんな母の思いを汲んだ絵本には、

まだ出会えていません。

 

【ないなら、作ろうかな】という気持ちが膨らんでいます。

数年前にも、

歯医者を怖がる小凡師くんに向けて、絵本を作りました。

どうも、怖がらせるような内容が多く、

【歯医者さんはヒーローなんだ】という内容の絵本を作りました。

その後、

歯医者さんへ行く時は「よし!!ヒーローに会いに行くぞ」と

自分に言い聞かせていました。

クラスメートよりも遅くに歯医者デビューをしたので、

友達に、ずいぶんと怖いイメージを叩き込まれていたようだったので…。

 

小凡師くんへは8割方、決定の方向で。

小小凡師くんへは、もう少し探してみようと思います。

手作りと平行して…。

 

絵が致命的に下手くそな荒馬。

まずは、ストーリー作りから入ろうと思います。