読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

家族の中に生き続ける母

みなさん、こんばんは。

家族との食事で母を想いだしていた荒馬です。

 

昨日は、疲労と満腹により、パソコン・スマホ・読書をやめ

ソファーに横になっていた、夜のひとり時間。

しかも、頭痛薬を飲んで、めまいと吐き気が…。

もともと、

喘息を持っていた荒馬は、幼い頃から市販薬はNG。

副反応が過剰に出てしまうため、

例えば風邪薬を飲んでも、逆に発熱してしまったり…。

大人になって、

ようやく市販薬も飲めるようになってきたと思いきや、

副反応にやられてしまいました。

これは年齢によるものなのでしょうね。気をつけねば。

 

さて、そんな、ちょっと不調の昨日は、

昼間、小凡師くんの学年の道徳の授業で、

ミニ絵本セラピー®をやらせて頂きました。

しかも、参観日!! 

しかも学年全員の前で(といっても少ないのですが)

絵本セラピー®に担任の先生が興味を持って下さり、

いつか子ども達にやってほしいとお願いされていました。

それを、今年度最後の参観日の場で…。

これまでやった絵本セラピー®の中で1番緊張しました。

しかし、

終了後に数名の子達が、わざわざ荒馬の所にやってきて、

「今日はありがとうございます。とっても楽しかったです」

「絵本って、今(小5)、読んでも楽しめるんですね」

という感想とお礼を言ってくれて、とても嬉しかったです。

何より、小凡師くんが

「お母さん、今日はお疲れ様。楽しい授業だったよ」と

言ってくれたことが嬉しかった。

 

そして夜は、荒馬父・荒馬兄夫婦と一緒に、

みなで、市内にあるホテルでお食事。

以前も書いた事がある【すきやき・しゃぶしゃぶ食べ放題】に。

昨日も、食べて・しゃべって・笑って、

楽しい時間を過ごすことができました。

本当に、荒馬家の人間はよくしゃべる。

賑やかで、いえ、うるさくて…。

あ~、こんな毎日だったよなぁと昔を懐かしみながら…。

兄が「荒馬も39歳になるのかぁ。信じられないなぁ」と。

4つしか離れていないのに、兄にとっては、妹が歳をとるというのは、

不思議な感覚なのかもしれません。

父も「もうすぐ40かぁ。今の姿を母さんが見たらどう思うかな」と。

家族で食事をすると、ついつい、母のことを思い出すのでしょうね。

それは、兄も荒馬も同様ですが…。

 

そして、小凡師くんが、荒馬父・荒馬兄の身長を追い越していたことに

成長の嬉しさと、悔しさが混ざった笑顔で、驚く、じじと叔父。

こんな光景も、母と一緒に見たかったなぁと、

思いました。

 

母がいない日々に慣れてしまいましたが、

今もまだ、鮮明に残っている母との記憶。

昨日は、いつもより、母の話題が多かったように思います。

真っ赤なスポーツカーにのり、

マイケルジャクソンの曲をガンガン鳴らしていたよねー

とか、

運転したくて堪らなくて、突然、父と旅行に行ったよねー

とか。

 

孫の顔を見ることができなかった母。

小凡師くんと小小凡師くんを見たら、

母は何を想い、何を言うのだろうか…。

母になった荒馬を見て、

何を想い、何を言うのだろうか…。

そんなことを考えていました。

 

どんなに技術が進んでも、

どんなに便利な時代になっても、

亡くなった人と、もう一度話をする、会うことはできません。

会って、思いっきり話がしたいなぁ。