読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

今年はカメラにハマる予感

考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

ちょっとずつワクワクが増してきている荒馬です。

 

鞄にはコンパクトデジカメを入れて出かけています。

「あっ、撮りたい」「残しておきたい」と思ったモノを

気ままに撮ってはいました。

ただ、本当に【撮っていただけ】

働いている頃は、それこそ、デジカメは教科書の次に必需品でした。

まだ、

SNSやインターネットの普及が今ほどではなかったので、

プライバシー保護や個人情報への規制は

そこまでではありませんでした。

しかし、

それも、ただ【撮っていただけ】

 

旅行へでかけても、記録として撮っていただけでした。

「〇〇に行ったのは、いつだっけ?」

「あれ!? 〇〇に行く途中で寄ったSAでどこだっけ?」

「そのSAで食べた△△、美味しかったよね。でも何だっけ?」

など、

ついつい忘れてしまうことあるので、

日付や場所も入るデジカメに収めておくだけで、

振り返りにも役立ちます。

 

そんな【撮るだけ】の荒馬でも、

Instagramを始めてからは、

「こんな風に上手に撮れたらなぁ」

「この写真すごーーい」

と思うようになりました。

そんな様子を見ていたのは、

以前からカメラに夢中の凡師さん。

いつの間にか増えている

カメラの数々…コンパクトやら、一眼レフやら、ミラーレスやら

それと同時に増えている

レンズの数々…

 

でも、最近は、そのコレクター魂が理解できるようになりました。

「こんな風に撮りたい時は、このレンズが良いんだ」

「あんな風に撮りたいなら、あれが必要なんだけど、うちにはないんだ」

「こうすると、もっと味が出るよ」

「この取り方と、面白いよね」

「あ~、それね、はいはいはい」と、

若干、ドヤ顔で、上から目線で話す、凡師さん。

プロカメラマンの作品を見ても

「あ~、なるほどね!! たいしたもんだ」ですって。

 

 

凡師さんは、

「たいしたもんだ」が口癖です。

 

それでも確かに、教えてもらった後にやってみると、

その前とでは、明らかに写真に変化が起こります。

「うわっ!!! スゴイ!!」

「わーーー、楽しい」

荒馬も歓喜の声を何度も上げました。

ただ、

荒馬は着火スピードが早く、凝り性ですが、

飽きるのも早いのです。

長く続けている事もたくさんありますが、

さてさて、

今回の【カメラ】はどうでしょうか。

 

「今、カメラ女子って流行っているもんね」と凡師さんが…

荒馬、

まず、【〇〇女子】という表現が大嫌い。

当然、

その発言は、無視です。

 

決して、流行に乗ったわけではないし、

〇〇女子って…

 

おやおや、幸先が良くないのでは………?

そのうち、

カテゴリーに【カメラ】【写真】がされた時に、

カメラへのハマり度を分かって頂けると思います。