読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

城を巡る

みなさん、こんばんは。

息子のおかげで知らなかった世界を

知ることができたなぁと、

改めて感じた荒馬です。


小凡師くんが自由研究に

精力的に取り組んでいます。

たまに「お母さん、ヘルプ!」が来るので、

近くで見守っています。

いつも自由研究は、旅行記。

今回は、

お城巡りや歴史的な建造物を見た

まとめをしています。

自分で撮った写真を貼り付け、

そこに、コメントを入れていきます。


贅沢かもしれませんが、

田舎にいると、興味を持っても、

それを深める術が少ないので、

実際に足を運び、見て、感じるという体験を

させてあげたくて、

今回の旅行を計画しました。

さらに、

凡師家にとって、

家族全員で出かけられる残り回数は、

たぶん少ないのでは…と思っています。

これは、

単に子供が成長するからというものでは

ありません。


今できることをしてあげたい。

結果はどうなるか分かりませんし、

先を考えすぎても仕方ないのですが…。


さて、荒馬は歴史には興味があります。

しかし、

実際に足を運ぼうと思い立つことは

ありませんでした。

時間的・金銭的余裕がない。

何より、心の余裕や行動力が低かった

のかもしれません。

いや、そこまでの興味ではなかったのかも。

本である知識で十分と思っていたのかも。


小凡師くんが戦国武将に興味を持ち、

お城や歴史的建造物に興味を持ち、

その場所は行くようになって、

今回で3度目。

彼がいなければ、彼が興味を持たなければ、

決して体験できなかったこと、

知ることができなかったことに、

今まさに触れられています。


お城ひとつ取っても、

ただ見て満足ではなく、

誰が建て、どんな背景があり、

どんな後日談があるのか。

石垣や石階段の造り、

それぞれのお城にまつわる戦、

前後左右、様々な角度から、

お城を見ています。


パンフレットや本の知識や解説の他に、

小凡師くんの解説付きの

お城巡りツアー。

とても勉強になりました。

そして、小凡師くんの解説が、

本当に分かりやすくて、

楽しく学べます。

そして、もっと知りたくなります。


凡師さんとも、

「小凡師くんのお陰で、

       素敵な経験をさせてもらっているね。

          そして、お陰で新たな出会いが

              たくさん生まれて、一石二鳥どころか、

                   なん長になっているか…。

                       ありがたいね」

と話していました。


子どもから教えてもらえることは、

実にたくさんありますが、

こういう、新しい分野を開拓してもらえる

というのもあるのかと、

驚きと感謝でいっぱいです。


この贅沢にも思われる経験が、

今後の家族の人生に、

多少なりとも影響すると思います。

良い影響か悪い影響かは、

これからの凡師家の生き方にあります。


日々を大切にし、

感謝を忘れず、

謙虚に、しかし、積極的に。

新年を迎えて1週間以上経ちますが、

改めて、

今後の指針を思い描いた荒馬でした。


明日は小小凡師くんの

新しい出発のための、大事な一歩の日。

親として、

いつもの数倍増しで頑張ります。