読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

雲が寒い

子育て・親子ネタ・家族 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

凡師さんの実家でのんびり過ごしている荒馬です。

 

昨夜、2週間ぶりに雪道を走りました。

慣れているはずなのに、

雪道が怖くて、ドキドキしながら運転しました。

さて、

2日ほど更新ができませんでしたが、

旅の最後は名古屋でした。

小豆島からフェリーに乗り神戸に降り立ち、

翌日の名古屋を早い時間から楽しむため、

高速道路でとにかく名古屋の近くまで走りました。

名古屋まで1時間ほどで行けるSA宿泊。

翌朝、

少し肌寒い日だったのですが、

おそらく地元の方々と思わしき人と同士の会話。

「今日は寒いなぁ」

「これ以上、外にいたら、死ぬレベルやわ」

「そやな、雲が寒いもん」

 

荒馬からすると、寒いけれど、

死を感じるほどの寒さレベルではありませんでしたが、

ここで【雲が寒い】という言葉が残りました。

今まで、雲を見て、暖かい・寒いという表現を

したことがなかったので、

なんだかステキだなぁと感じました。

 

そうして、名古屋城名古屋港水族館へ行き、

そこからフェリーで仙台へ。

仙台から5時間半ほどかけ、凡師さんの実家へ到着。

 

ここからは旅ではなく、用事足しのための帰省。

すっかり、南の天候になれてしまったので、

いつもは平気な秋田県の気温も、

まだまだ寒くて、温度設定も高めにしています。

 

そして、凡師さんの実家なのに、

すっかり安心感に包まれるようになりました。

「帰ってきたーーーー」という感覚。

荒馬が好きなスポットまで散歩し、

定点観測をしたり、

これまでの旅で、頂いた物・買った物を整理して、

のんびりと楽しい時間を過ごしています。

 

北海道に戻るのはもう少し後。

終えなければならない用事が、スムーズに終わると

良いなぁと思いつつ、

更新が滞っていたので、

空いた時間でブログの更新です。

 

これから、うどん県で購入した【讃岐うどん】を

夕食に食べることに。

お土産屋さんで購入するよりも、

地元のスーパーで購入する、うどんとたれが絶品だと

地元の友人が教えてくれたので、

凡師さん家族と一緒に、賑やかな夕食になりそうです。

 

何より小凡師くんと小小凡師くんに会えて、

とても嬉しそうな義両親。

小凡師くんは、ほとんど祖父母の部屋に入り浸り、

今も部屋にはいません。

 

こういう形でしか親孝行はできませんが、

孫に会わせることも、大切な親孝行ですよね。

祖父母の背丈を超して、

ずいぶんと驚かせていますが、

話すと、まだまだ小学生。

義両親はそんなかわいい孫の姿に、

可愛さとたくましさを感じてくれているようです。