読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

時間や労力を奪う

みなさん、こんばんは。

ちょっとモヤッとしている荒馬です。

 

価値観や考え方の違いだというのは理解しているつもりでも、

何だか納得がいかないことって、割とありますよね。

しかし、

荒馬にとってはそうでも、他の人にとっては平気なことだったり、

他の人は気にしているけれど、荒馬は全く気にならない。

そんな小さな摩擦や小さな【チクッ】が、

消えずに残ってしまうことも。

 

荒馬、以前も書きましたが、

誰かに頼ったり、助けを求めるのが苦手です。

それなら1人でやった方が、時間的にも精神的にもラクだと

感じます。

もちろん、好意には甘えますが、

好意というのは、相手方が決めるモノ。

こちらから願い出たり、ましてや、それが当たり前と思うのは、

違うと思っています。

 

年齢の差・価値観の差・考え方の差・生まれ育った環境の差、

性格の差などなど、色々な出来事に、それぞれの要因があります。

 

しかし、【やってもらって当たり前】ではないんですよね。

お願いをされて断れる人もいれば、快く引き受ける人、

仕方なくだとしても引き受ける人。

これも状況などによりけりだと思います。

それでも、

【好意に甘える】ことの限度は必ずあります。

仕事でもプライベートでも、人と人が関係しているなら、

そこには、【甘えて良い範囲】【相手を立てる場面】

【好意に対する、格別な礼】【感謝の意の伝え方】が

そこには存在すると、荒馬は思っています。

 

繋がった【縁】を長続きさせるコツもそこにあるような気がします。

これまで出会った【ご縁】を大切にできる人は、

そういう人達ばかりでした。

 

人としての礼儀で、前提があるのでは?

えっ、そこに謝辞はないの???

それって、当たり前のことなの?

 

だって、

そのために、相手の労力と時間を少なからず奪っているのですから。

たとえ相手の好意だとしても、

相手が楽しんでやっていたとしても、

相手がノリノリだったとしてもです。

 

本来、自分がすべき事なのに、

それができないから、好意に甘えてお願いしたんでしょ。

本来、自分がすべき事なのに、

結局はみなを巻き込んで、他の人がやるべきことではないのに、

その人が本来やるべき時間を奪って、自分の時間に引きずり込んだんでしょ。

 

凡師さんや荒馬の身近で起きていることを

よく夫婦で話すのですが、

実に【これは、やってもらって当たり前】と思っている言動を感じます。

別に、

そこにお金を払えとか、「ありがとう」だけじゃないお礼をしろ

とは思っていませんが、

相手の労力と時間を奪っているという感覚が、

感じられないと、少し残念な気がします。

「世話焼きの宿命なんだよ」

「デキる人は仕方ないんだよ」

「そういう意味では、鈍感力って大切かもね」

「実は、そういう人の方が幸福度は高いかもしれないね」

「いつも、バカを見て疲労感に襲われるのは、そういう人の周りの人」

 

凡師さんともそんな話をしますし、

以前、同級生と話をした時にも、

同僚や周りの友人の話になった時に、同じ結論に達しました。

 

友人とは最終的に、

「嫌なら引き受けなきゃ良いんだよね」

「だって、永遠にわかり合えないじゃん。たぶん」

「相手は利用しているという感覚すらないんだよ。

    だって、いいって言ったのはそっちでしょって感じで」

「文句を言うなら、やらない。やるなら、文句を言わない」

そして、

「同じ価値観の人と話して、スッキリするのも必要だね」

「たまには、話そう」

ということに。

 

結局はそこに至ります。

たくさんの価値観の中で、みなが生活をしています。

誰ひとり、人よりラクな人も、人より大変な人もいません。

それは感じ方の違い。

そこにいちいち、イライラしたり、モヤモヤしていたら、

摩擦の繰り返しですり減ってしまいますよね。

 

「今回は利用されてやろうじゃないか」くらいの気持ちで、

起きた出来事を吹き飛ばせるくらいにならなければ…。