読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『ゾウはおことわり!』

みなさん、こんばんは。

受け入れる、それが難しければ、せめて受け止める

できそうで、できないけれど、何事においても、

そうありたいと思っている荒馬です。

 

今日の絵本はこちら 

ゾウは おことわり! (児童書)

ゾウは おことわり! (児童書)

 

 小さな象を飼っているぼく。

とっても仲良しで、互いに助け合っています。

ある日、ペットと集まるパーティーがあって出かけるのですが、

扉には【ゾウはおことわり!】の看板が。

しょんぼり帰り道で、同じような境遇の子と出会います。

その子と始めたこととは…

 

荒馬が学生だった頃より、今はたくさんの情報があり、

たくさんの趣味があり、たくさんの【お気に入り】が

あるように感じます。学生だった荒馬が知らなかっただけかもしれませんが、

SNSの登場により、身近に同じ趣味嗜好の人がいなくても、

繋がれるようになりました。

【ひとりじゃなかった】【変じゃなかった】と感じられるのは、

素敵なことですし、どんなものも、使い方次第です。

 

最近始めたInstagram

ハッシュタグ(♯)をつけてpost(投稿)すれば、

同じような趣味や嗜好をもった人が反応してくれます。

そこから、

顔は合わせていませんが、新しい関係が生まれることも。

荒馬の場合は、絵本。

何人かの人と、絵本の情報のやり取りができたり、

互いに知らなかった絵本を教え合うことができたり、

中には、絵本セラピスト®に興味を持ってくれる人も。

 

自分と考え方や価値観などが少し違うからといって、

やたらと批判したり、評論家よろしく演説するのは、

好きではありません。

ある側面では、多様性が必要です。

もちろん、ある側面では、協調性・同調性も必要です。

要は、

上手に使い分けながら、日々を暮らせるかどうかなのかなぁと。

 

まずは、受け止めてみる。そこでストップしても良いし、

受け入れる努力をしても良い。

今はそんな風に感じます。

「それはつまり、自分軸を持たず、流されるってことじゃん」と

言う人もいたのですが、

それはちょっと違うんですよね。

こういうのを、文字で上手に表現できないのですが、

みんなで右向け右だけではなくて、

右向け後ろ・左・上・下なんかも時にはあっても

良いんじゃないかなぁと思っているんです。

 

『ゾウはおことわり!』

ラストがとっても平和的。そう、受け止めて、受け入れる。

金子みすゞさんの詩の一節のように

「みんな違ってみんないい」なんです。