読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

服を買いに行く

子育て・親子ネタ・家族 考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

子どもの成長を服を買うことで実感する荒馬です。

 

タイトルの服を買う…は、

小凡師くんと小小凡師くんの服。

子どものうちは、過剰なオシャレは必要ない。

最低限の数の服で良い。

と荒馬は思っています。

自分に合う服を選び、オシャレを楽しむのは、

自分でお金を稼ぐようになってから…。

それでも、

TPOに合った服装というのは、幼い頃から教えてあげたいので、

小凡師くんとは、一緒に買い物へ行き、

試着室の使い方、試着の際に気をつけること、

ズラリと並んだ服を見ながら、

「これは、〇〇みたいな時に着ると良いよねー」

「例えば、〇〇の時に、この服装だと、どう思う?」などと、

聞いてみたり、会話しています。

 

まぁ、小学5年生の男子は、まだまだオシャレには縁遠いのですが…。

 

そして、成長期の子ども達は、服の回転がとにかく速い。

小凡師くんにいたっては、春に買った服は、すでに着られません。

小小凡師くんも、背がぐんと伸びてきたので、

兄弟の冬物を入れ替えるための買い物へ。

 

いつも最小限の服、しかも、できれば1日でも長く着られるようにと

そこを重要視して買っているのですが、

こういう時に、

子どもの体の成長をしみじみと実感します。

 

小凡師くんは、168,5㎝になったので、もうメンズサイズ。

当然、キッズ・ジュニアコーナーは素通りです。

小小凡師くんも、キッズの中の、ちょっと上の子のコーナー。

それぞれ、

売り場が変わると、置いてある服も、大人びてきます。

「これ可愛いなぁ」と選んでいた服が、

「これ、カッコイイなぁ」になり、

「こんなの着せたいなぁ」から、

「これは小凡師っぽいなぁ」「こういうの小小凡師、好きだよなぁ」になる。

 

赤ちゃんの頃は、確かに、親の着せ替え人形状態でした。

年齢が上がる度、親の意思よりも、子どもの好みを優先するように。

 

小凡師くんも、

「こっちより、こっちがいい」

「こっちは、ちょっと……」と意見を言ってくれるようになりました。

 

体も成長しているけれど、心も成長しているんだ。(当たり前ですが)

と実感します。

 

その後、スーパーへ食材を買いに出かけたのですが、

その時も、

「〇〇が食べたいから、△△買わないとダメだね」

「◇◇を作るには、何が必要なの?」と、料理にも興味関心が…。

そして、

レジを通して、お金を払っている間に、

カゴを運んでくれたり、袋に詰め始めていてくれたり(まだ下手なのですが…)

そして、

詰め終わると、「よいしょっと」と言って、

お願いしなくても、カゴを所定の位置に戻し、

買い物袋を持ってくれます。

 

このまま続けば、これモテポイントですよ小凡師くん。

さりげない優しさ、ポイントがアップですよ小凡師くん。

 

と心の中で言いながら、いつか隣に歩くであろう、彼女を想像していた、

荒馬でした。