読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

『なりたいものだらけ』

絵本 考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

なりたいもの・やりたいことがある荒馬です。

 

先日、Facebook内にあるPR動画を見ました。

子どもと大人、それぞれに

【夢(やりたいこと)はありますか?】

【それはどのくらい大きいですか?】

という問いをして、答えてもらうというものです。

 

1つめの問いには、

子どもは、たくさん答えます。どんどん出てくるという感じです。

対して大人は…

今の生活を考えて「無理かも…」

「子どもの頃はあったけど、大人になってからやりたいことなんて…」

言い訳はたくさん出てくるのに、これと言ったものは出てきていません。

身近のささやかなモノを、ようやくポツリポツリ。

 

2つめの問いには、

子どもは、体をめいいっぱい使って、大きなジェスチャーをします。

大人は、手のひらで表現する程度。

 

この感じ方や大きさの比較がPRのメインですし、

大人だって、もっと夢を持とう みたいな謳い文句だった気がします。

とは言え、

少しだけ寂しくというか、苦笑いがこぼれました。

夢を持ち続ける必要性はありませんし、

強制力もありません。

毎日を楽しく幸せに暮らしたい。それだって十分な夢です。

それでも、

何となくVTRを見ていると、もっと未来に希望を抱いても良いのに…

と思いました。子どものように、とまではいかなくても…。

 

さて今日はこちら。 

なりたいものだらけ

なりたいものだらけ

  • 作者: ジェリースピネッリ,ジミーリャオ,Jerry Spinelli,Jimmy Liao,ふしみみさを
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2013/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

表紙に載っている男の子は、とにかく【なりたいものだらけ】

大人が見れば、「けっ!」と笑う人もいるかもしれません。

他愛もない夢もあります。

しかし、

読み終わったあと、

「そうだよなぁ。もうちょっと欲張っても良いかもなぁ」

とか

「どんなことでも、〇〇になるぞーって始めるのも悪くないかも」と

荒馬は思いました。

 

面倒くさがりの荒馬なので、

〇〇のプロになる・・・みたいな意欲付けがあってちょうど良いかもしれません。

 

小学生のころ、登下校の道で石ころをみつけては、

「学校(家)まで蹴って行けたら、今日は〇〇(〇〇もらえる)」などと、

願掛けのような、おまじないのような、神頼みのような

そういうことをやっていました。

叶う叶わないは問題ではなく、

そうすることで、モチベーションを上げていたのかもしれません。

 

明日は、小凡師くんの親子学年レク

来週は、絵本セラピー®が2件入っています。

今から、とても楽しみです。

やりたいこと、やりたかったこと、

それが叶うのですから、もっともっと喜んで楽しまないといけませんね。

 

アキレス腱を切る失態だけは、しないように…