読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

リフレッシュする本

考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

昔からずっと読み続けている2人の作家さんの本を買って、

読むのがワクワクしている荒馬です。

 

昔からリフレッシュしたい時や、癒やされたい時は、

よく読書をしていました。

日常生活を送っている時の方が、

心も体もバタバタして、色々な【自分の仮面】を使い分けるのに

疲れてしまいます。

これは、おそらく

みなそうだと思います。【仮面】と言えば大袈裟ですが、

みな、その場その場の立場や役割の【仮面】をカブって生きています。

その全ての仮面が【自分自身】なのですが、

自分の部屋で「ふ~」とため息やら深呼吸やらをつくと、

「ちょっと疲れてるなぁ」と感じるモノです。

 

そんな時、荒馬は、エレクトーンを弾くか読書をしていました。

頭の中が真っ白になり、そして、音楽や本の世界に浸ることができます。

それが、リセットだったり、リフレッシュだったりして、

翌日から、また勉強やら、仕事やら、ややこしい人間関係やらに

活力が生まれ、楽しく元気に生活することができます。

 

最近も読書は習慣のようになっているのですが、

本から何かを得てやろう…という思いが大きく、

メモを取ったり、関連する事項を調べながら読むので、

【読書を楽しむ】というのを置き去りにしていました。

絵本にしても、

確かに癒やされたり、ポッと温かくなったりするのですが、

今は、

「この絵本は、セラピーのどの部分で使えるかなぁ」

「どんな人を対象にした時に有効かなぁ」

「これは、どんなメッセージを伝えたくて、

       そして、聞き手にどんなことを感じてもらえるかなぁ」

と考えながら読むというスタイルが多いです。

 

自由にラフに読める本を読んでいなかったので、

頭の中が、色々な情報が行き来し、たくさんの引き出しに整理され、

そして、

文書打ちの作業だったり、他の雑多なことに頭も体も使っているので、

ちょっと疲れ気味でした。

 

今日、本屋さんへフラッと行って、

文庫化されている本を2冊買ってきました。

荒馬が、何も考えずにリフレッシュやリセットできる、

単純に本の世界に浸って楽しめる作家さんは、

内田康夫さん】と【東野圭吾さん】

そう、ミステリーや推理小説のジャンルが、それにあたります。

 

ブログの更新を終えて、

先週の講演会のまとめプリントを作ったら、

たっぷり読書の時間に費やそうと思います。

 

楽しみです。