読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『キリンですけど』

みなさん、こんばんは。

何だかんだ言って、自分が好きな荒馬です。

 

「私も〇〇だったら」

「私もこうなりたい」

「いいなぁ」「羨ましいなぁ」

誰もが一度は、そう感じることがあると思います。

荒馬だって、もちろんそうです。

それでも、

最終的には、自分には、自分がしっくりくる。

これも、

皆さん同じではないでしょうか。

 

今日はそんな絵本です。 

キリンですけど

キリンですけど

 

表紙に惹かれて、図書館で借りた絵本です。

キリンだって、憧れたり、夢を見ます。

自分ではないものになりたいと…。

そして、想像してみます。

最終的に行き着いたのは……。

 

作者の高倉さんは、

身長160cmの私は、キリンに憧れています!

誰でも自分に無いものを欲しがりますがキリンも、きっとそうに違いありません!

でも、自分に一番似合うのはやっぱり・・・自分でした。

と絵本ナビの中でコメントをしています。

 

心理学の中で【投影の法則】というのがあります。

以前も『かげ』の記事で載せました。 

fuku-fukuro.hatenablog.com

この時は、自分の抑圧している【影】について、

主に書きました。

 

今日は似ているようで、ちょっと違うのですが、

人は、

【自分のココロにあるものしか、反応できないようになっている 】

という事です。

自分が持っていないモノは、全然目に入らず、関心も抱きません。

 

ですから、憧れだったり、羨ましいというモノも、

実は、すでに自分のココロの中にはあるという考え方です。

「無いから、憧れるんだよ」

「持っていないから、羨ましいんだよ」という反応が

返ってきそうですが、

試しに、お友達や家族と、

【どんな事(人・モノ)に憧れたり、羨ましいと思うか】について、

話をしてみると分かると思います。

今まで、自分が見向きもしなかった視点が出てくることがあると思います。

 

また、例えば

「綺麗な女性になりたい」と思っていたとします。(荒馬が思っています)

もう少し掘り下げて、

【キレイ】について具体的に考えてみます。

【キレイ】の種類はたくさんあります。【キレイ】に対する価値観も違います。

 

10人いれば、10通りの【綺麗な女性】があると思います。

そうして掘り下げていくと、

その要素は必ず、その人の中に【ある】ということです。

そんな風に考えると、

何かのきっかけだったり、努力だったり、受け入れる覚悟だったりで、

ひょっこりと表出して、

遠いと思っていた【憧れ】が、近くの【憧れ】となり、

【憧れ】が【現実】になる可能性が高くなるということです。

 

荒馬も半信半疑の部分もありますが、

勉強を進めると、納得できる部分がありました。

今は、ネットでも、これくらいの情報はたくさん載っているので、

試しに調べてみてはいかがでしょうか。

 

荒馬も、

「あっ、ここをもう少しこうすれば、できるかも」と気付いたり、

「そうか、この部分は持っているぞ。だから、あの部分をこうして…」

と考えることで、

何だか実現しそうな気がしています。