読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

ガイドブックで行ったつもりに…

みなさん、こんばんは。

息子達と自宅に居ながら旅行した気分になった荒馬です。

 

凡師家、今年も冬休みを利用して、大旅行を計画しています。

昨年、北海道に住む凡師家が、

兵庫県奈良県京都府大阪府滋賀県での観光を満喫し、

車で移動をして、神奈川県・千葉県・栃木県を観光。

そして、再び車で移動をして、凡師さんの実家への帰省。

というスペクタクルな旅行をしました。

 

「行きたいねぇ」と思っていたら、

多くの友人達が、これまた絶妙なタイミングで「おいで~」コールを。

小凡師くんも10歳となり、家族で旅行へ行ける時間を作れるのは、

ひょっとしたら小学生のうちだけかも…と、

そして、小小凡師くんも、近い将来、遠くへの旅行は、

体への負担を考えると難しくなるかも…と、

そんな事もあって、

「よし!!出発おしんこもちーー」(凡師家の出発の合図です)

小小凡師くんは、気圧の変化が、呼吸器系や体にさわるので、

飛行機移動はできません。

凡師家は基本的には、車での移動!!!

 

「これで遠くへの旅行は最後かなぁ」

「でも、兵庫まで行ったなら、四国や九州も行きたいね」

などと凡師さんと話していたのが、10ヶ月前。

 

そして、今、「やっぱり行こうか」となった矢先、

友人を介して親しくなった、四国の友人が、

「それなら!!!」と、

友人の住む地域のガイドブックを大量に送って下さいました。

 

今日は勤務日で不在の凡師さんをよそに、

小凡師くんと、小小凡師くんと、ガイドブックを見ながら、

「ここ行きたいね」

「いや~、ここも捨てがたい」

「いやいや、ここは絶対に行かなきゃ」

「なんか、見ているだけで楽しいね」

「なんか、ぼく、よだれが出てきた」

「うん、お母さんも」

「ここ、キレイだねー」

「ここも良いよ!!」

「ほんとだね。いや~、ワクワクするね」

「早く行きたいね」

「うん、絶対行こうね。」

 

大はしゃぎの親子3人。

頂いたガイドブックには、大量の付箋が貼ってあります。

実現すると良いのですが…。

あとは、凡師さんの勤務状況や日程の組み方によります。

 

荒馬は基本的に、ガイドブックを事前に見ません。

計画も立てずに、旅行へでかけます。

出発時間・到着時間・宿泊場所くらいは、押さえておきますが、

なんと言っても、実際に、その地へ足を踏み入れた時に

感じる感覚を頼りにしています。

地元のことは、地元の人に聞け…これが荒馬の旅の鉄則でした。

 

近所のお店に入って聞き、観光案内所へ行ったり、

タクシーやバスの運転手さんに聞いたり…。

何かを体験したり、観に行ったりするのも好きですが、

人と触れ合うのも旅行の醍醐味ですよね。

 

「え!? 泊めて頂けるのですか?

 では、お言葉に甘えて…、あっ、ホテル、キャンセルしますねー」

というのも1人で旅行した時にはありました。

懐かしい思い出です。

 

家族ができて、子どもが生まれてからは、

あまり行き当たりばったりはしなくなりましたが、

それでも、最低限を押さえておくだけ。

こういう所、

夫婦で似ているのは大切です。

「今日はここで泊まろうか」「お風呂は、〇〇の湯が近くにあるよ」

「もう少し走ろうか」「次はあっちに行ってみようか」

そんなユルい感じで、気張らずに旅行ができるのも、

完璧に舵取りをしようとする人が存在しないから。

 

行けるといいなぁ。

行きたいなぁ。

会いたいなぁ。

見たいなぁ。

食べたいなぁ。