読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『きょうはそらにまるいつき』

みなさん、こんばんは。

月を見るのが好きな荒馬です。

 

十五夜があったからなのか、月に関する絵本が

図書館でも目に付きました。

本心としては、

次に来るモノ(行事)に関する絵本を置くんじゃないんだぁ?と

少し思ったりもしましたが、秋の夜長とも言いますし、

確かにこの時期の月や星は綺麗なので、

十五夜から引き続き、もう少し【月】モノを置いているのかもしれません。

 

たまに【ひねくれた黒荒馬】が顔を出してしまいます。

気をつけねば…。

 

月に関する絵本を数冊借りてきました。

その中でイチオシが、 

きょうはそらにまるいつき

きょうはそらにまるいつき

 

 発売して間もない絵本です。

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

 

この絵本も好きです。

 

どちらも、短い文で(まるで詩のような… あっ、詩なのかもしれません)、

想像力が掻き立てられます。

そして、荒井さん独特の絵のタッチ。

『きょうは~』は微笑ましいというか、癒やされる絵本。

『あさ~』は希望にあふれている感じです。

荒馬は、そう感じたのですが、

他の人が読めば、別の感じ方もあるのでしょうね。

さらに、読むタイミングによっても変化するのでしょうね。

 

この絵本を読んで、

ふと、高校時代に仲間達と行ったキャンプを思い出しました。

学校祭の打ち上げと称して、隣町のキャンプ場へ行きました。

寝るタイミングを逃してしまい、

コテージ内に寝るスペースがなくなったので、

同じ境遇になった友人と、キャンプ場内を散歩しました。

夏とは言え、長袖が必要な肌寒い夜でしたが、

雲1つ無く、街灯もほとんどないキャンプ場だったので、

それまで見ていた自宅からの星空とは比にならないくらい、

とても綺麗な月と星空で、

友人と座り込んで、見とれてしまいました。

そこで友人が言った言葉が未だに忘れられません。

 

「スキー場・キャンプ場・海は、魔物がいるだよ。

  異性が何割増しにも可愛く・格好良く見えると思うんだよ。

   だから、気をつけよう。特に夜は、魔力がさらに増すから…」

 

その数分後に、同じく寝るタイミングを逃し、

寝るスペースを確保できなかった男子達と出くわして、

8人くらいで、肝試しをやったのですが、

そんなコトを言った友人は、

後日、肝試しメンバーの中の1人と付き合い始めました。

 

おい、魔物に、魔力にやられてんじゃん。