読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『きょうはなんてうんがいいんだろう』

みなさん、こんばんは。

どんなことも感じ方次第だなぁと思った荒馬です。

 

久しぶりに朝からずっと雨模様。

小小凡師くんの通院日だったので、少し憂鬱でしたが、

【何か】を持っている小小凡師くん、

行く時と帰る時だけ、雨がやんでいました。

その前後は、けっこうな雨脚で、小凡師くんも濡れて帰宅。

病院では懐かしい人と会って話せたり、

リハビリ担当の先生との会話も弾み、とても良い気分で帰宅。

雨降りが故に、駐車場の空きも多く、診察の待ち時間も短く、

雨降りだって、考えようだなぁと思いました。

何より、久々の雨が、恵みの雨となった人達もいるはずですよね。

 

今日はこちら。 

きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ)

きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ)

 

 ある日、オオカミが森へ行くと、たくさんのブタが寝ています。

喜んだオオカミが、友達を誘いに行くのですが、

行く先々で、友人達が手料理をふるまってくれた上に、

お土産まで持たせてくれて…

「ああ、きょうはなんてうんがいいんだろう」

「あれ!? なにか忘れてる?」

その頃、森のブタ達は……

 

何もなくても、ちょっと嫌なコトがあっても、

何か1つでも良ければ、「今日は運が良い」「今日は楽しかった」と

思える考え方って、たぶん、とても幸せなコトなのだと思います。

ふと思い出しましたが、

小凡師くん、学校から戻るとほぼ毎日「今日も楽しかったなぁ」と

話してくれます。

もちろん、悔しいことや嫌なことだってあるはずなのです。

でも、小凡師くんは毎日【楽しい素敵な日だった】と感じている。

いえ、感じるようにしているのかもしれません。

それでも、それでストレスを溜めている気配はありませんし、

毎朝、楽しげに嬉しそうに学校へ向かいます。

 

そういうことなんだと思います。

年を取ると、ちょっとの良いことより、

ちょっとの嫌なコトの方をクローズアップしてしまうのかもしれません。

人間の脳は、

放っておくとマイナスの思考へ引っ張られると言います。

それなら、ちょっと無理してでも、

「楽しかった」「嬉しい」「幸せ」「感謝」と思わないと、

プラスには向かわないのだと思います。

 

もちろん、マイナスに浸る日やマイナスに向き合う日だって必要です。

それでも、その後には

「今日は楽しかったなぁ。明日も楽しみだなぁ」と

眠りにつく小凡師くんのような、

そんな思考でいるのも悪くないと思う荒馬でした。