読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『だんろのまえで』

みなさん、こんばんは。

焚き火や暖炉の火を見ているだけで癒やされる荒馬です。

 

凡師家はキャンプ好き。

今年最後となるキャンプは来週末に行く予定。

かなり寒くなってきていますが、

凡師さんも小凡師くんもノリノリです。

もちろん、荒馬も小小凡師くんも楽しみです。

 

キャンプの楽しみの1つに【焚き火】があります。

焚き火禁止のキャンプ場もあるのですが、

凡師家がいつも行く【常宿】ならぬ【常キャンプ場】は

焚き火がOKな場所なので、

夕食が終わり、入浴も済ませ、

大人2人の時間になった時に、ホットコーヒーを片手に、

焚き火を囲む。

パチパチという音と、静かにゆらゆら揺れる火を見ているだけで、

心も体もほぐされ、頭も空っぽにできます。

 

今日は、 

だんろのまえで

だんろのまえで

 

図書館に絵本を返しに行き、そして、借りに行く。

1人10冊までなので、10冊まとめて2週間、借りる。

荒馬の最近の習慣です。

今日は、読みたいと思っていた絵本をリストにして探したのですが、

全滅…。リクエストを出そうか迷ったのですが、

そんな冷えた心と寒くなってきて冷えた体を癒やすため、

インスピレーション選書をしました。

 

やはり、【冬】【火】に目が行きます。

逆に【夏】【海】にも目が行きます。

 

最後に手に取ったのがこれ。何度も読んだことがありますが、

今日はまた読みたくなりました。

雪山で迷子になってしまった「ぼく」が、ドアの付いた大きな木を見つけます。

中に入ると、「こっちにおいで」という声が…。

声を求めて歩くと、暖炉がパチパチと燃えている部屋へ。

そこには、何匹かの動物が暖炉の前で眠っています。

起きていたうさぎと会話を交わすのですが、

このうさぎが、なんとも哲学的で、

それでいて、核心を突くことを言います。

そして、癒やしてくれるのです。

 

暖炉を見ているだけで温かくなりますが、

このうさぎの言葉が、深い余韻となって残ります。

「そうだよね。それでいいんだよね」と……。

 

今日は、1日、とても眠たい日でした。

昼寝をしても眠くて、まぶたを開けているのが辛い。

そのうえ、この癒やしの絵本を読んだので、

ますます眠くて眠くて…。

 

もう少しで眠れます。

布団が恋しくて堪りません。