読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『バスガエル』

みなさん、こんばんは。

唯一の自慢は、憧れの職業に就いたことである荒馬です。

 

小学4年生の時の担任の先生との出会いで、

教師を目指すようになりました。

そのために、一心不乱に努力…まではしていませんが、

いつもギリギリのところで、荒馬が荒馬にストップをかけていたのが、

【あんたは教師になるんだろう】という言葉。

何事においても中途半端な荒馬ですが、

唯一、自慢できる点です。

 

13年間という短い期間でしたが、

憧れの教師の職に就けたことは、とても幸せな日々でした。

退職して5年。

新しい夢や目標を見つけ、

それに向けた資格取得をしたり、少しずつですが準備を進めています。

遠足前の小学生のように、

準備の今が、とても楽しいです。

 

さて今日は、 

バスガエル

バスガエル

 

カエルたちの憧れである、バスのガイドさんになる夢を持った主人公クコ。

久しぶりにバスガエル募集が出されました。

多くのカエル達が試験に向けて、猛練習。

母親との衝突。そうして迎えた試験。そして、結果は……。

 

色彩が鮮やかで、質感も出ている絵は見ているだけで面白いです。

さらに、色々なページに出てくる、カエルマーク(オタマジャクシも)。

これを探すのも楽しさの1つです。

何より、カエル達の表情が豊かで、

【服を着ているカエルなんて…】と、

ちょっと文句を言いたくなる大人の方も(笑)魅了されると思います。

 

絵本セラピーは、大人のための参加型ワークショップです。

自分から申し込んで参加する人もいれば、

企業研修などで行う場合もあるので、

「絵本なんて子どもの本だろう」「大人が絵本なんてバカにしている」と

感じられる方も中にはいらっしゃいます。

 

動物がしゃべること、服を着ていることに疑問をぶつけたり、

そんなのあり得ないと思ったり…。

 

それでも、グッとくる絵本に出会ったり、

フィーリングの合う絵本と出会うことで、

絵本の世界を感じ、絵本から何かを読み取ったり、感じ取ったりできます。

色々な感じ方があっても良い。

一冊の絵本を読み聞かせしてもらうことで、

実に色々な感じ方が出てくる自分に驚くことも。

 

荒馬がそうでした。

子どもに絵本を読み聞かせはしていたほうですし、

今もしています。

それでも、【ただ読んでいた】だけでした。

絵本セラピーと出会って、偉そうな言い方ですが、

絵本を見直しました。そして、惚れ込んでしまいました。

 

色々な本を読んできた中で、

荒馬自身も絵本をバカにしていたのかもしれません。

以前も書きましたが、

授業の中で中学生に絵本を読んだ時の、素敵な反応を、

いつの間にか忘れていました。

 

今は、一冊でも多くの絵本に出会いたくてたまりません。

できるなら、

死ぬまでに、出版されている全ての絵本を読みたいです。

 

大人にこそ絵本。

カバンの中には、お気に入りの小説と絵本を入れて、

持ち歩く大人達が増えるといいなぁと思っています。