読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

2年ぶりでも変わらない

みなさん、こんばんは。

昨夜はおおいに呑んだ荒馬です。

 

高校の頃からの付き合いである友人。

大学進学で北海道を飛び出し、東京へ行き、

そのまま東京で就職をしました。

もう、東京に居る時間の方が長くなっています。

それでも、年に1度は必ず帰省し、タイミングが合えば

彼女と会っています。

昨年は、互いのタイミングが合わず、

2年ぶりの再会。

 

それでも、一瞬で高校生の頃と変わらない雰囲気になれる。

気を張ることもなく、とても心地よい時間・心地よい関係が続いています。

有り難い限りです。

女性からは、これでもかと言うほど、嫌われ続けた学生時代。

女友達の煩わしさをいつも感じていたのですが、

彼女を含む数名は、今でも連絡を取り合ったりしています。

荒馬にとっては、とても貴重な存在です。

 

彼女の生きている世界、住んでいる世界は、

荒馬にとって、とても刺激的です。

東京に住むって、東京に暮らすって、東京で働くって……

荒馬には想像もできませんし、そういう欲求もありません。

 

通勤の話、仕事の話、休日の話を聞くだけでも、

今、荒馬が住んでいる環境とは大違いの時の流れ方を感じ、

ピンと来ない部分も。

だからこそ、近況報告会がとても楽しい時間です。

 

さらに、

海外旅行が好きな彼女は、年に2回は必ず行きます。

その話をまとめてきくのも、自分が旅行しているようで、

本当に楽しい。

彼女の話し上手も、その効果を高めてくれています。

 

互いに、互いの生活を羨んだり、物足りなかったりという感想は

もちろんあります。

それでも、お互いに充実し、満足しているからこそ、

楽しく聞けて、ワクワク聞けて、「なるほどね~」と、

暮らしや仕事などの日常の話から、互いに持っていないエッセンスを、

与え合い、もらいあっている。

 

良い距離感で、関係が続けられることが、

彼女と荒馬の今には、お似合いです。

 

荒馬が短大生のころは、

数時間も電話で話をし、気付けば、朝を迎えていたり、

手紙のやり取りを頻繁にしていたり…。

彼女が、その手紙を今でも持っていることに、

驚きと嬉しさを感じました。

 

お酒も美味しく飲めました。

たった数時間なのですが、活力をもらうことができました。

 

深夜1時すぎに帰宅。

今朝、起きるのがとても辛かったです。

ようやく午後になって、お酒も完璧に抜けた気がします。

今日にはまた東京へ戻り、

明日から仕事に邁進する彼女。

もっかの楽しみは、東京オリンピックだそう。

ボランティアスタッフに申し込もうかどうかを考え中だそうです。

スタッフに申し込むには、英語が話せないといけないので、

習おうかなぁ……と。

 

それとも、自由に好きな会場を行き来し、メダル獲得の瞬間を、

この目に焼き付けようか…と

嬉しい悩み事を抱えているそうです。

 

彼女の目のキラキラさを見て、

荒馬も「まけてられないぞーー」と思った、昨夜でした。