読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

『絵本寄席』

絵本 考え方・行動・思考など 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

落語が好きな荒馬です。

 

これについては以前も書いた事があります。 

fuku-fukuro.hatenablog.com

 

実は絵本でもあるんです。それがこちら。

えほん寄席 満員御礼の巻 (CDつきおもしろ落語絵本)

えほん寄席 満員御礼の巻 (CDつきおもしろ落語絵本)

 

 

えほん寄席 愉快痛快の巻 (CDつきおもしろ落語絵本)

えほん寄席 愉快痛快の巻 (CDつきおもしろ落語絵本)

 
えほん寄席 抱腹絶倒の巻

えほん寄席 抱腹絶倒の巻

 
えほん寄席 奇想天外の巻

えほん寄席 奇想天外の巻

 
えほん寄席 馬力全開の巻―CDつきおもしろ落語絵本

えほん寄席 馬力全開の巻―CDつきおもしろ落語絵本

 
えほん寄席―鮮度抜群の巻

えほん寄席―鮮度抜群の巻

 
えほん寄席―滋養強壮の巻

えほん寄席―滋養強壮の巻

 

 子ども向けに、短縮バージョンにしてあり、

しかもCDがついていて、見ても楽しい、聞いても楽しい絵本です。

各絵本には4~5本の落語が収録されています。

しかも、錚々たる本物の噺家さん達の声が聴けるのです。

これは、

Eテレで放送されていた『絵本寄席』が、書籍化されたもの。

 

子ども向けではない落語は、一話が30分あるものがほとんど。

こちらに関しても、CDも書籍も販売されていますが、

本物から入りたいなら、

まずは、実際に足を運んで聴いてみるのがよいかと思います。

興味があって、聴いてみたいという方は、

是非『絵本寄席』から入ってみてはいかがでしょうか。

 

荒馬、

こんな本も持っています。 

落語百選―夏 (ちくま文庫)

落語百選―夏 (ちくま文庫)

 
落語百選―春 (ちくま文庫)

落語百選―春 (ちくま文庫)

 
落語百選 秋 (ちくま文庫)

落語百選 秋 (ちくま文庫)

 
落語百選 冬 (ちくま文庫)

落語百選 冬 (ちくま文庫)

 

 落語では有名なお話が、たくさん収録されています。

 

実際に寄席に足を運んだり、ライブCDのようなものを聴くと、

古典落語でも、時事ネタをはさんでいたり、今の時代のものが出てきたり、

一見、アンバランスに感じるものも、

噺家さんというのは本当に素晴らしい。見事に融合されるんですよね。

会場の雰囲気すら、落語に融合させ、

着信音が鳴り響いても、大きなくしゃみが鳴っても、

ちょっとしたトラブルが起きても、ノリが宜しくないお客さんの前でも、

全て融合させます。

 

そこがまた落語の魅力でもあります。

話をする能力だけでなく、周りの空気を即座に読み取り、変えてしまったり、

五感全ての感度が良くなければ務まりません。

 

いや~、話し出すと(書き出すと)止まらなくなります。

あーーーまた寄席に行きたいなぁ。