読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

『おかあさんのまほうのおうかん』

絵本 考え方・行動・思考など 子育て・親子ネタ・家族 荒馬日記

みなさん、こんばんは。

6年ほど前、小凡師くんのために絵本を手作りした荒馬です。

 

たしか、就学児健診(小学校にあがる前年に実施する検診)で、

乳歯の初期虫歯が見つかった時だったと思います。

生まれて初めての歯医者。周りの友達や大人達は、

歯医者さんをとても怖がっている。

虫歯って、アニメなんかのイメージで嫌だけれど、

それを治療する時の音とか、お医者さんとかも怖い。

そんな複雑な心境が混ざって、初日に、大号泣し、

治療拒否。診察室の隅に座り込んで、

「いやだー。虫歯も、痛い痛いも、お母さんも、

     先生も、話すのも、動くのも、全部いやだーーーーーー」と。

その日は帰宅。

乳歯の初期虫歯なので、緊急性はないからと2週間後に再診予約。

「それまでに、なんとかします」と荒馬。

歯医者・虫歯治療に関わる絵本を探したのですが、

どれも怖いイメージを払拭できるような本ではなかったため、

自作しました。その名も『むしばをやっつけるヒーロー』。

B5サイズのらくがき帳7枚だけの、簡単なもの。

歯医者さんをヒーローにして、あっという間に虫歯を治してしまう。

そんなヒーローから、小凡師くんに向けたメッセージも。という内容。

 

運良く、功を奏して、

「ヒーローさん、お願いします。退治して下さい」と

その後はすんなり。以後、虫歯や定期的なチェックの際も、

泣きわめくことはなりました。

 

さて、今日はこの1冊 

おかあさんのまほうのおうかん

おかあさんのまほうのおうかん

 

 泣き虫のしょうくん。いつも泣いています。

そんなしょうくんの5歳の誕生日に、お母さんが渡したのは、

「まほうのおうかん」

それは、なみだがピタッととまるというふしぎなおうかん。

 

絵本のカバー裏に書かれている内容を載せました。

 

これは、ただ泣き虫がなおるというだけでは終わりません。

そこには続きが。そして、【おうかんを返す日】が訪れます。

そのエピソードが、感動的でした。

 

お母さんの力ってスゴイ。

そして、

子どもの純粋な心。そこから生まれる感情や行動って無限大。

と感じました。

 

小凡師くんも、歯医者がすっかり平気になった頃、

荒馬が歯医者へ通うことになった時、

「勇気を出して。歯医者さんは虫歯を治す

     ヒーローだって、お母さんが教えてくれたでしょ」と

自作絵本を読み聞かせしてくれて、励ましてくれました。

当時は、荒馬も放置しすぎて、大変な状態になっていたので、

毎回、涙を流し、とてつもなく長い時間かかって、治しました。

 

インプットして、そして、アウトプットをする。

これをまさに実行した小凡師くんでした。

 

この絵本もまさしくそんなお話です。

心が温かくなります。涙する方もいるかもしれません。

是非!!!