読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

『Nature mind book』

荒馬日記

 みなさん、こんばんは。

20:00でも、ほんのり明るい夜空を見上げて、
夏至も過ぎたのに、まだまだ日が長いなぁ」としみじみ思った荒馬です。

 

快晴の日は特に、21:00近くまで、ほんのり明るくて、

夏の風物詩だなぁと感じています。

冬になれば、16:00には真っ暗になるのに……。

 

さて今日はこちらの本をご紹介。

月 (Nature mind book)

月 (Nature mind book)

 
虹 (Nature Mind Book)

虹 (Nature Mind Book)

 
風―Nature Mind Book

風―Nature Mind Book

 
花 (Nature mind book)

花 (Nature mind book)

 

 まだまだ種類はあるのですが、手元にあるのはこの4冊。

本屋さんでも、あまり見かけないので、なかなか揃いません。

写真と一緒に

表紙に書かれているテーマに沿って、豆知識などが書かれています。

実は最初、

月・雲・雨などの様々な呼び名が載っているものを探していました。

月で言えば、【おぼろ月・下弦の月などなど】

雲で言えば、【飛行機雲・うろこ雲などなど】

雨で言えば、【菜種梅雨・半夏雨などなど】

日本には、気候や情景を表す多くの言葉が存在します。

ネットで検索すれば、すぐに一覧が出てくるのですが、

そういうのが一冊の本になっていて、しかも写真集の要素もあれば

最高だなぁと思いながら、色々と本を探している時に出会いました。

 

求めているのとは、少し違ったのですが、

気に入っている本です。

 

絵本でも、写真絵本が気になり出しているので、

今は、景色などに惹かれて、求めているのだと思います。

 

古文などを読むと、こういう表現にたくさん出会えます。

大学の図書館などに行けば、こういうのが書かれている本に

すぐに出会うことができるのに、

一般の本屋さんや図書館(荒馬の地元だからでしょうか?)では、

なかなか出会えません。

 

夏の秋田帰省で出会えれば良いなぁと淡い期待を寄せています。