読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『ひみつのカレーライス』

みなさん、こんばんは。

歳を重ねるとともに、辛いものが好きになってきている荒馬です。

 

もともと、大変なお子ちゃま舌だった荒馬。

母の作る食事が薄味だったので、給食も味は濃いし、

ソースや醤油などもかける習慣がなく、

家以外で食べる食事は本当に味が濃すぎで、水ばかり飲んでいました。

ですので、刺激の強い味は、より一層、受け付けられません。

今でも、周りに笑われるほどのおこちゃま舌なのですが、

それでも、辛いものは美味しいと感じられるようになりました。

 

特に暑い日には、辛いものを欲します。

ということで、今日はこちらを。 

ひみつのカレーライス

ひみつのカレーライス

 

辛いカレーライスを、ヒ~ヒ~言いながら食べる

という内容ではありません。

家族でカレーライスを食べていると、

世にも不思議なカレーの種が出てきます。

お父さんが本を見ながら、そのカレーの種をみんなで育てることに。

踊りながら呪文を唱えたりして、翌日には芽を出し、

翌日にはさらに生長、また翌日にはさらに生長していきます。

そうして、食べ頃になった時に、近所の人達も良い香りに我慢できず、

最後は、みんなでカレーライスを食べ、そして…

 

カレーの木育っていく過程が、予想外で楽しめました。

これが葉っぱかぁ・これが花かぁと。

 

絵もほのぼのしており、何だか懐かしい雰囲気。

家族・地域の人達との団らんなども読み取れます。

 

書いている先から、カレーライスが食べたくなってきました。

凡師家もカレーライスは大好物。

給食とカブってしまい、夕食でカレーライスが登場しても、

喜んで食べてくれます。

凡師さんは、朝食がカレーライスでも食べくれますし、

旅行先で外食する時も、

ラーメンかカレーライスの割合が多いです。

 

以前、隣人がご夫婦共に料理上手な方で、

本格的なスパイスを使ったカレーライスを作ってくれたことがあります。

当時、ほぼ毎週のようにご近所さんたちと、

バーベキューをやっていましたが、そのシメは必ずカレーでした。

とても辛いのですが、「おかわり~」と言ってしまう美味しさ。

もう引っ越ししてしまったので、カレーが懐かしいです。

 

また、教師時代、

毎年キャンプに出かける学校で勤務していた時も、

夕飯のバーベキューの後、必ずシメのカレーを作ってくれる先生がいました。

飯盒で炊いたご飯と合わせると、本当に絶品!!

あのカレーも恋しいです。

 

明日あたり、カレーライスにしようかしら!!!