読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

そうか、無理に許そうと努力しなくても良いんだ

みなさん、こんばんは。

Facebookの記事でストンと落ちて気持ちがラクになった荒馬です。

 

荒馬は元来、負の感情は寝れば忘れてリセットできる

何ともお気楽な心の持ち主です。

瞬間湯沸かし器のような感情になることもありますし、

どちらかというと、人への好き嫌いが激しいので、熟慮の末、

ダメだと思うと、気持ちがスーッと引いてしまいます。

今は、そんな感情や性格を少しずつ変えようと努力している最中。

 

とは言え、リセットできないこともあります。

どうしても許せない。むしろ、どうして許さないといけないのだろうと

かえってイライラが募ることも。

そんな時、【許せる人に】というテーマの本を数冊読みました。

なるほどなぁと思う部分もあるのですが、

なかなか心が落ち着きませんでした。理解はしても納得できていないのです。

【罪を憎んで人を憎まず】という言葉も聞きますが、

人は考えることができる生き物です。

理性や良心も持ち合わせています。

なぜ、人の機微に鈍感になってしまうのだろう。

なぜ、自分のこと、目先の利益や欲求を優先してしまうのだろう。

と、考えながらも、悩んだり、怒っている自分をなだめるために、

許したフリをしていたのかもしれません。

 

今日、小小凡師くんが寝ている隙間時間に、よく購読しているFacebookの記事を

読んでいました。友人との繋がりもありますが、色々なページフィードがあり、

思考の柔軟体操には大変助けられています。

その中で、こんな文章を見つけました。

許しなさいってよく
いろんな本で書いてあるけど
僕は、許さないで
仕事とか他の楽しいことに
エネルギーを向ける

第一、本当は、許してないのに
許しますなんて
ウソに決まってるじゃん
自分が怒りを生かせた時に
本当の許しになると僕は、思う

怒りは、すごいエネルギー
これを無くすのは、もったいない

怒りは、
マイナスじゃなく
推進力に変わる

人の悪口や噂話なんかしない
自分がすごくされてツライから

言ってる人は、いつか
神様からビンタされて
自分で気がつくと思う。
周りの人も
それをする人が
どういう人か知ってるよ
今、ドキっとしたら
やめなさい

それは、自分が安心したいから
人を下げてるだけで
自分がうまくいってるワケじゃない
人を下げても
自分は、上がらない
それどころか
人を下げると
自分が下がるから
要注意。

 

「そうなんだよ!!」  まさに、そう思っていたんです。

とても納得しました。

そして、

「無理に許さなくても良いんだ!! 許せないものは許せないでも良い」と

思ったのです。

 

荒馬、根に持つタイプではないですし、

自分が聖人君子ではないのは重々承知はしています。

だからこそ、

何週間経っても、何ヶ月経っても、何年経っても、

納得できなかったり、腑に落ちないことは、

無理に納得しなくても、許さなくても良いのだと思ったのです。

そうすると、とても気持ちがラクになりました。

賛否両論はありそうですが、自分の心の平穏がまずは大事ですよね。

そんな事を考えた、38歳の誕生日でした。