読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

行ってみたくなる場所 行きたい欲求を掻き立てる作り方

みなさん、こんばんは。

昔も今もテレビっ子の荒馬です。

 

最近、凡師さんと共に気に入っているTV番組があります。

Eテレで放送中の『ふるカフェ系ハルさんの休日』という番組。

番組紹介の文章を引用すると、

 【一歩足を踏み入れば懐かしい空間が広がる、それがふるカフェ。

  俳優、渡部豪太さんふんする主人公ハルが全国の古民家を再生した

  カフェを訪ね歩く異色ドラマ。】

となっており、俳優さんは渡部さんのみで、他の登場人物は

全て地元の人達が登場します。

 

つじあやのさんのウクレレと歌による主題歌がなんとも言えず、

和む雰囲気を醸しだし、

地元の人達の決して上手ではないが、むしろ自然体とも感じられる演技。

何より、古民家をなるべくそのままの形で残して営業しているので、

どこか懐かしい感じがします。

どのカフェも地域密着型でアットホームでもあり、

それでいて、パワーがあるといか、クリエイティブに暮らしています。

 

古民家と言っても、作られた時代やその土地で様式が異なり、

知らなかった知識がちりばめられているので、

昔の暮らしや家についても知ることができます。

 

これまで放送されたカフェは、移住者がカフェを開いたという方が多く、

また常連さんも同様に移住してきた人達が多く集まっていました。

時には、地域のコミュニティーとなり癒やしを提供し、

時には地域の先頭にたって、イベントなどを開催したり、

廃れはじめている地元の食材(農家)や伝統工芸などを復活させるべく、

活動していたり。

昔から大事にしていることを取り入れ、むしろ活発化させつつ、

移住者という新しい風を起こす人達によって、

地域自体は前進を続けているのを見るだけでも、

癒やしだけではなく、こちらまでパワーをもらえる気がします。

 

テレビ番組を作る人達は本当に大変です。

アイディアの宝庫じゃなければ、務まりませんよね。

ここ数年、Eテレが面白いんですよねぇ。

子ども向け番組と侮るなかれ、これがなかなか奥深かったり、

大人にもタメになる番組が多いです。

作り方・見せ方が工夫されていて、飽きないです。

ジャンルも多岐にわたっているので、

今まで興味のなかった分野も覗いてみようかしらと思ってしまいます。

放送時間も短いモノが多く、長くても60分(ほとんど30~45分ですかね)

たまに2時間以上の番組もありますが、

レギュラーものは短い時間で楽しめるものばかりです。

 

最近は、番組表を見るのが楽しみで、

テレビっ子に拍車がかかりそうです。