読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

自分を大切にすること 自分を輝かせること

荒馬日記

みなさん、こんばんは。

素敵な詩と出会った荒馬です。

 

今日は絵本ではなく、この本をご紹介 

魂の約束

魂の約束

 

作者は民間企業を経て中学校教員で勤務している方。(現役国語教師です)

幼い頃から詩を書いていたようで、イラストレーターや音楽家の方々と

作品の展覧会や朗読会を開催しているそうです。

この作品は6年前にブログや無料配信の詩のメルマガに載せたところ、

一気に広がっていった詩です。その後、書籍化されました。

自分で読むのも良いですが、

読み聞かせで聴くのも素敵だろうなぁと思います。

 

読んですぐに自分を変える事は簡単なようで難しいことですが、

記憶として残れば、ふいに思いだし、変えるきっかけになったり、

今まで通り過ぎていたことに、気付いたり、立ち止まったりできます。

その時点で、今までの自分とは変化している証ですよね。

 

現在放送中の【重版出来】の第5話にも似たようなエピソードがありました。

「運は貯めることができる。運を味方にするんだ。

 自分がどう生きたいか死ぬほど考えろ。

 自分はどこで勝ちたいのか、考えぬけ」

「信じるのも、信じないのも お前の運次第だ」と出会った老人に言われ、

以後、善い行いを徹底します。自分がどこで勝ちたいか(目標)を設定して。

 

そして何よりも大切なのは【続けること】【凡事徹底】なのだと思います。

鍵山秀三郎さんや松下幸之助さん、イチローさんなども

著書の中で述べていたり、インタビューで話していました。

 

自分を大切にすること、自分を輝かせようとすること

勝負するところが分かっている人、当たり前の事に感謝できる人。

書くのも考えるのも簡単なことですが、

それを実行できている人は、確かに人を傷つけないですし、

人の機微に敏感ですし、自分を大切にしている、その先の

相手・他人をも大切にできていますよね。

 

振り返ると、周りからの評判やその人の発する言葉がたとえ良くても、

それは見かけを取り繕っているだけで、

自分を過保護にしすぎていたり、自分を優先するというだけで、

平気で人を傷つける行為をしていたり、平気でウソをついたり

する人っていたなぁと思います。

きっと、自分しか大切にしない人だったのでしょう。

その先まで行っていない人だったのだろうなぁと。

 

さて、荒馬はどうでしょうか。

荒馬もまだまだ自分優先かもしれません。

少しずつでも、変化できるように、日々を大事に過ごしてみようと思います。