読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『なつのおとずれ』

みなさん、こんばんは。

寒くて寒くて夏が恋しい荒馬です。

 

今日は強風(ここに住んでいない方にとっては暴風かも)と雨

気温は終日7℃台。風と雨も相まって体感気温はもっと低いかと。

という天気です。6月になったのに……

体温調節が上手にできない小小凡師くんのために、

なんと6月なのにストーブ点火です。

 

ですので、今日は『なつのおとずれ』という絵本をご紹介 

なつのおとずれ (PHPわたしのえほんシリーズ)

なつのおとずれ (PHPわたしのえほんシリーズ)

 

11年前に絵本作家としてデビューした、かがくいひろしさん。

すでにベストセラー作品を数多く出版し、定番絵本になっている作品もあります。

 

もうすぐ梅雨明けという天気予報が流れると、太陽に呼ばれて

たくさんの夏の風物詩(食べ物やモノ)たちが急いで太陽のもとにかけつけます。

その様子が可愛らしい絵で表現されているのに、

臨場感たっぷりで、後半になるにつれて、

こちらまで熱くなってくる気がしてきます。

そして、とにかく楽しそう。夏が来ることが本当に待ち遠しい気持ちが

グイグイと伝わってきます。

ラストのページは真夏の風景。これが本当に暑そうで……。

 

荒馬の住む地域では、夏でも25℃を超えれば、猛暑です。

昼間こそ夏を楽しめる時もありますが、たいていが、

やせ我慢して半袖を着て、鳥肌でアイスをほおばります。

アイスだって溶けずに固いまま。風鈴などは、強風すぎて、

風情とは少し遠い気がします。

それでも、やはり夏は楽しみですし、子ども達を見ると、

「暑い暑い」と汗だくです。

今日は特に寒かったので、気分だけでも夏を取り入れたくて、

この絵本をチョイス。

 

本州にお住まいの方々にとっては、それはそれで苦労も多いことと思います。

夏休みに凡師さんの故郷秋田へ帰省した際は、

連日35℃。吹く風も湿度が混じり、膜が体を覆っている感覚になります。

隣の芝は青いというやつでしょうか。

 

夏を感じたい人・何かが待ち遠しくてワクワクしている人

楽しそうな笑顔を見たい人なんかにはオススメの絵本です。

他にもこんな作品たちが…… 

がまんのケーキ

がまんのケーキ

 

 これ、荒馬、大好きです。

だるまさんが

だるまさんが

 

  赤ちゃん絵本の定番。プレゼントの定番でもあります。

くだもの だもの (福音館の幼児絵本シリーズ)

くだもの だもの (福音館の幼児絵本シリーズ)

 

言葉遊び絵本です。『おやおや、おやさい』『おかしなおかし』も面白いです。 

まくらのせんにん そこのあなたの巻

まくらのせんにん そこのあなたの巻

 

 作者の最後の作品と言われていましたが…

作家デビューする前に作られた作品で幻の絵本だったものが、

10年の時を経て出版されました。それがこちら、 

うめじいのたんじょうび (講談社の創作絵本)

うめじいのたんじょうび (講談社の創作絵本)

 

 今日は1500字を超えてしまいました。

絵本ネタは、ついつい力が入ってしまいますね。