読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

夢のための準備は整った!!

みなさん、こんばんは。

興奮気味…いえ、興奮しすぎている荒馬です。

 

21、22日の養成講座を修了し、

【絵本セラピスト協会認定基礎絵本セラピスト®】の認定証を頂きました。

物心ついた頃、4つ上の兄のためだったと思われる児童書が、

たくさん自宅にはありました。「絵本、もっと読みたいなぁ」と感じた荒馬。

その後は、小説や古典に興味が移ったので、

少しだけ絵本が遠い存在に。

短大生の頃[創作絵本]という講義を履修(編入のための必修でした)

友人と絵本をプレゼントしあっていた記憶があります。

教師時代、

中学生に数冊の絵本を読み聞かせ。

図書室に置いてある絵本を端から順に手にとって読んでいました。

母親になってからは、

読み聞かせをしたり、見つけられない絵本は手作りしたり。

そして、

絵本セラピー・絵本セラピストとの出会い。

昨年度は、養成講座がお休み期間中だったので、

【大人に絵本を広め隊】という絵本セラピスト協会主催のイベントに参加。

そして、

今回、満を持しての養成講座の参加となりました。

 

意識的にも無意識的にも【絵本】が側にあったのだと今日、気付きました。

 

夢の実現に向けてここ数年、

上級心理カウンセラー・コーヒー&紅茶カフェマスター・絵本セラピスト®などの

資格を取得し、それに関わる本もたくさん読んで、独学ですが、

勉強をしたり、構想を練ったりしてきました。

アップデートはこれからまだまだ必要ですが、小さな1歩でも

少しずつ進んでいっている感覚が意志の継続に拍車をかけています。

 

何より感謝したいのは、

凡師さんが快く送り出してくれたり、背中を押してくれたり、

一緒に夢を語り合ってくれたり、応援してくれて喜んでくれたことです。

小凡師くんと小小凡師くんにも感謝です。

 

絵本セラピスト仲間との出会いもありました。

踏み出さなければ出会うことがなかった人達です。

年齢も住んでいる場所も環境も、共通点はありません。

【絵本】という1点が繋げてくれた、ご縁です。

 

【絵本】を軸にした活動が目標だったので、

この資格は何より嬉しいです。取って満足だけは避けたい。

今の荒馬の環境や立場では、制限は多いですが、

研修期間と称して、

できるだけ多くの人に向けて動き出せたらと考えています。

まずは、認知度が低い、この街で

「試しに呼んでみようか」と言われるように、

「試しに行ってみようか」と言われるように、

自分で開催したり、色々な場所から声をかけてもらえるような工夫を

模索してみようと思います。

 

おめでとう荒馬(今日は自分を褒めてあげることにします)