読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

筆文字メッセージハガキ

みなさん、こんばんは。

久しぶりに筆ペンを握った荒馬です。

 

今回のギックリ腰が思いの外長引いて、

長時間座りっぱなしや立ちっぱなしが辛かったのですが、

鈍痛が残るものの、座っていられる時間が長くなったので、

久しぶりに【筆文字メッセージハガキ】を書こうと思っています。

 

凡師さんが【複写はがき】でハガキを書き始めてから、

荒馬も一緒にハガキを書くことを始めました。

かれこれ、3年ほど経ちます。

荒馬は、人よりも少し差をつけて、目立ちたい性分ですので、

一緒に【筆文字メッセージハガキ】を始めました。

 

その時に思いついた言葉。

何かで見て・読んで、素敵だなと感じた言葉を

ハガキに筆ペンで書いています。今は筆ペンも黒一色ではなく。

さまざまな色があるので、色にも多少、こだわっています。

 

贈る相手を想って、一字一字を紙に刻む行為というのは、

心が安らぎ、温かい気持ちになります。

決して上手ではありませんし、かと言って[魅せる字]では

ありませんが、想いだけは、丁寧にのせているつもりです。

 

[文は人なり]とはよく言ったモノで、

文章を見ると、その人自身がよく分かります。

字も同様なことが言えます。

荒馬、国語教師でしたので、たくさんの人達の

文章や字と触れ合ってきました。

「あっ、今日は嫌なコトがあったのかな?」

「今は気持ちが落ち着いているんだなぁ」

「この人は〇〇な性格かもしれないなぁ」

「この字は少し心配だ。ゆっくり話してみようかな」

詳細までは分かりませんが、心の状態が投影される文章や字。

これで、生徒指導など助けられた場面もあります。

 

特に初めて出会う生徒、初めて出会う大人。

分析を重視しているわけではありませんが、

その人を知る上での、大切な情報源の1つになるのは事実です。

そうすると、特に学校現場では、

個人もさることながら、集団も見えてきます。

 

不思議なものです。

 

今日はブログ終了後から書き始めたいと思います。

皆が起きて活動している時間帯だと、なかなか集中できないので、

[荒馬タイム]にハガキを書くのが好きです。

贈る相手の方々に、少しでも喜んでもらえると嬉しいのですが…