読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡師と荒馬のフクロウ日記

最近は絵本ネタが多いですが、徒然と書いているブログです。

想像力が鍛えられる本

荒馬日記 絵本

みなさん、こんばんは。

想像・創造するのが好きな荒馬です。

 

大人向けの絵本を数冊購入しました。

その中の1冊は、数年前に世界的に大ヒットした絵本

文字のない本【グラフィック・ノヴェル】という分野の

本とのこと。

ページ数も多く、全て絵のみでストーリーが構成されています。

文字がないので、背景や状況は絵で読み取るしかありません。

ゆっくり時間をかけて、絵をじっくり見ながら、

ストーリーや背景を想像して読みました。

もちろん、絵だけでも十分に内容は伝わるのですが、

主人公のみならず、絵の中に出てくる他のモノに焦点を充てると、

読み手に自由が与えられ、委ねられている気さえして、

楽しんで読むことができました。

 

アニメ『トム&ジェリー』と似たような構成な気がします。

映画版では台詞が出てくるのですが、

通常版ですと、台詞がありません。効果音と映像のみ。

小凡師くんは、いつも、台詞を考え、言いながら見ています。

想像をかきたてられ、創造する自由が与えられるのは

楽しいものですね。

 

今回購入した絵本は『アライバル』という絵本。

『さむがりやのサンタ』という絵本も、文字が少なく、絵のコマが多いです。

こういった本、荒馬は好きです。

もちろん、文字のある本もすきですが、

たまに、絵の多い本を見ると、違う楽しみ方ができます。

 

『アライバル』は全コマ、セピア色っぽい濃淡で表現されています。

この単色の濃淡のみというのも、また、

想像をかきたてられるのですね。

絵心もなく、絵の読み取りが苦手な荒馬ですが、

余計な情報がなく、まっさらな気持ちで見られるような気がしました。

 

以前のブログにも、

大人は絵よりも文字に目が行く ということを書きましたが、

絵だけをじっくりみると、最初は、文字を求めていたり、

情報を求めていました。

ネットが発達し、欲しい情報はもちろん欲しくない情報まで

入ってくるからこそ、

情報の少ないモノから読み取るというのが、新鮮でした。

昨年くらいから、

写真集を見たり、絵画を見るのが好きになっています。

撮った人・描き手の意図を知るのも楽しいのですが、

自分で読み取る楽しみを知りました。

 

絵や写真は本当に感性が必要ですよね。

今からでも磨けるものなのでしょうか。

まずは、触れてみるところからやっています。

景色を見て「美しい」と思っても、それを上手に表現できないので、

文字意外で表現する術が欲しいなぁと思っています。

 

これもまた、昨日書いた【物欲】でしょうか……