読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

お気に入りの文房具

鼻笛練習中の凡師。

やはり楽器は楽しい。

なんたって楽器は「楽しむ器(うつわ)」。

たとえ下手でも楽しむ事を忘れてはならない・・・、器の小さな凡師の生命線でもある。

 

 

さて、今日は文房具の話。

もともと「文房具は何でもよい!」という人間だった凡師も、気づけば同じ文房具を使い続けている。

お気に入りの文房具を使うと何となく気持ちが良い。

そんな「凡師お気に入り文房具」に新たな仲間が。その名も・・・

 

 「印鑑パッド」(革製)。

 

ハンコを押すとき、下に入れるときれいに押せるという、アレ。

 凡師はハガキを書くことが趣味で、ハガキには必ずハンコを押す。

今までは、その辺にあるノートを下に入れたり、本を入れたりしていたが、

今回思い切って購入。

 

使ってみると、あら不思議。

いつもの「ハガキを書いて、最後にポン」が、少し重厚になったように感じる。

長い時間ハンコを押していく度に、革がどのように変化していくのか。

こちらも楽しみ。 

 

 f:id:fuku-fukuro:20151213072718j:plain

 右下が今回購入した印鑑パッド。ジェットストリームのボールペンと、ぺんてる筆ペン(細字、つみ穂)がお気に入り。