読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒馬のつれづれ日記

好きなことを、好きな時に徒然と綴る日記です。

『ツバキ文具店』

こんばんは。

文房具も手紙・ハガキも好きな荒馬です。

 

雨降り&ギックリ腰という今日は、

家でゆっくり過ごしています。

そのお供にこちら。 

ツバキ文具店

ツバキ文具店

 

NHKでドラマが放送されるという情報を知って、

文具店という響きだけで、見始めました。

小説が原作だったとは知りませんでした。

小説があるというのを知って、

読みたいなぁと思っていると…

 

本棚にあったのです。

「あれっ!! この本、凡師さんが買ったの?」

「そうだよ。みやざき中央新聞に記事が載っていて、読みたくなって」

なんということでしょう。

読みたいと思っていた小説が、家にあるなんて!

しかも、

普段は、喜多川泰さんの小説以外は、あまり買わない凡師さんが!!

 

凡師さんが読み始めていなかったので、

先に借りて読んでいます。

 

舞台は鎌倉。

先祖代々、【代書屋】【文具店】としてお店を構えている雨宮家。

女性が後を継ぐという設定です。

今では、代書屋とネットで調べると、

行政書士がヒットします。書き物の便利屋なんて書いてあるものも。

しかし、本来の代書とはニュアンスが異なる気がするのは、

荒馬だけでしょうか。

 

ドラマでも小説でも、

様々な文具が出てきます。書くための文具。

手紙の内容、差出人や相手先の人となりによって、

使う筆記具も紙も封筒も、封の仕方も異なります。

知らなかった知識も知ることができます。

見ているだけで、読んでいるだけで、

ワクワクしてきます。

 

独学なのですが、筆を握り、半紙と向き合い、

書をしたためたくなりました。

決して上手ではありませんが、

上手い下手は二の次だと思うのです。

字が上手でも、

心がなければ、全く意味を為さないと荒馬は思っています。

使っている言葉が綺麗でも、

心を感じ取ってもらえなければ、

手紙・ハガキの良さは半減してしまいます。

下手すると、

パソコンなどのメールの方が、よっぽど良いと…。

 

以前も書きましたが、

非常に不快な手紙を受け取ったことがあります。

字も綺麗。使っている言葉も綺麗。

しかし、

心が全く無い。そんな手紙を…。

文字を見ているだけで、人となりが伝わるものです。

心が伝わるモノです。

 

是非、あの送り主も、ドラマなり小説なりを見てくれれば…

と今は思っています。

 

そんな折、

友人のSNS投稿で、神戸インクというのを知りました。

その友人も、お友達からガラスペンとインクを頂いたとか。

阪神淡路大震災の復興として、今も売られているそうです。

60色のインクの色があるとか…。

非常に興味津々です。

 

何かに夢中になっている時は、

関連すること・人を引き寄せるのでしょうか。

筆記具・手紙・ハガキ

それらが目に付いたり、届いたりします。

 

小説はまだ読んでいる途中なので、

これから、続きを読みたいと思います。

 

今回のギックリ腰は、

なかなか厄介で、座っているのが辛く、

横になっていたり、立ち上がっている方がラクなのは、

今日も続いています。

 

寝落ちしないように、読もうと思っています。

「ちょっと休みなよ」ということ?

こんにちは。

昨日、気付くとギックリ腰になっていた荒馬です。

 

いつもは、「あっ、やっちまった」という感覚がありますが、

今回は、気付くと、腰に激痛が…。

まっすぐに立てず、

しかし、

出先だったので、立って歩いて座ってをしなければならず…。

自宅に戻ってからも横になっていないと辛くて。

 

3月から、引っ越しの荷物を運んだり、ゴミ捨てをしたりと、

いつギックリ腰になっても良い状況だったものの、

ギリギリのところで、保っていた荒馬の腰。

秋田に来てからも、

「あれ~、今日は少し腰が痛いなぁ」と思う時はありましたが、

だましだましの日々でした。

 

慢性的に、腰と腕の痛みがあるのは、承知していました。

小小凡師くんの体も大きく、重たくなってきています。

寝たきりではないけれど、全介助が必要。

足も手も体全体を、それなりに動かすことはできますが、

自分の思い通りに動かすには、まだまだ不十分なので、

こちらの介助が不可欠です。

ということもあり、

腱鞘炎のような腕・手の痛み、腰の痛みは仕方ありません。

そのうち、

介護のプロに習って、

抱き起こし方や抱きかかえ方を会得しなければ、

この痛みも悪化の一途をたどることとなりそうです。

 

今回は久々に辛い。

座っているのが1番辛いので、

横になったり、立ち上がったりしながら…。

昨日よりも今日の方が調子は良くても、

油断は禁物です。

 

忙しい4月を過ごし、

ちょっと時間が生まれると、

引っ越して来たばかりの秋田や近隣の県を楽しもうと、

精力的にドライブに出かけていたので、

「おいおい、無理しすぎじゃね?」

「ちょっと休みなよ」

ということなのでしょうか。

 

昨日は、弘前へ行ってきました。

気温は最高時で27℃。

以前まで住んでいた場所の真夏でも、こんな気温にはなりません。

凡師家4人は、顔を真っ赤にして、

「ひぃ、ひぃ」と言いながらも、

桜吹雪と弘前城を楽しみました。

そして、

津軽富士】という別名を持つ、岩木山

f:id:fuku-fukuro:20170505181828j:plain

青い空に映える、立派な出で立ちの山でした。

隣には、世界遺産白神山地も連なっていました。

以前、真夏の36℃の中を来た時には、

気付かなかった岩木山

素敵な景色を発見です。

 

今日は、午前中、男衆は大館市にある【肉博】に出かけていきました。

荒馬は、ずっと横になり、

午後は、みんなで自宅でゆっくりと過ごしました。

明日も、

自宅でゆっくりと過ごす予定です。

 

連休明けには腰が快方に向かうと良いのですが…

桜の名所巡り 大潟村 菜の花ロード&桜並木

こんばんは。

すっかり桜と華麗に咲く花々に魅了されている荒馬です。

 

もともと荒馬母が花が大好きで、

幼い頃は、自宅の庭いっぱいに、様々な種類の

花が植わっていました。

子ども時代は、花より団子ですので、

花を見ても、

綺麗だとは思っても、その時に見て満足。

芝桜が見事に咲いている場所へ行っても、

両親のテンションが上がる理由が理解できず…。

しかし、

今なら分かります。今だからこそ分かるのでしょうか。

 

今日は、秋田市に用事があったので、

途中、少し寄り道をして、

菜の花ロード&桜並木がみられる大潟村に行きました。

もちろん、

凡師さんの両親も誘って…。

 

11㎞にもおよぶ菜の花ロード。

鮮やかな黄色い、可愛らしい花が咲き乱れていました。

桜は、先週が満開だったのようですが、

荒馬からすると、

散り始めの桜吹雪の中を車で通り過ぎることでさえ、

かなりテンションが上がりました。

f:id:fuku-fukuro:20170503212650j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212711j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212738j:plain

こんな素敵な道が果てしなく続いています。

道の途中に【桜ピット】と名付けられた駐車帯もあり、

みな、菜の花の中に入り、桜の下で、写真を撮っていました。

 

そして、

f:id:fuku-fukuro:20170503212909j:plain

f:id:fuku-fukuro:20170503212942j:plain

 

菜の花畑の上には、鯉のぼりが泳いでいるスポットにも

立ち寄りました。

そこでは、ミニSLに乗ることもできて、

ちょっとバカにしていたのですが、

なかなかのスピードで、距離は短いながらも、

楽しめる場所でした。

公園になっている場所だったので、

ちびっ子連れの家族が多かったです。

 

こちらの菜の花は、刈り取って持ち帰ることが可能。

あまりに可愛らしくて、良い香りがしたので、

少しだけ持ち帰ることにしました。

 

秋田県に来て思うのは、

どの市町村も、観光の打ち出し方が、

丁寧であり、活気があり、上手だなぁと思いました。

北海道は、

名所が点在している上に、名所を結ぶ間の町が、

ただの通過地点にしかならないところが多くある気がします。

特に北部は…。

秋田は、どの場所に立ち寄っても、

見所もあり、活気もあり、ついつい足を止めたくなる場所ばかり。

 

観光閑散期には、寂しく感じるのかもしれませんが、

観光繁忙期のあのフットワークがあるなら、

町村の底力は、確かなモノがあるだろうと、

随分と偉そうな目線ですが、

そんな風に感じました。

 

明日は、

小凡師くんのたっての希望で、

弘前城公園へ行くことになりました。

そちらも、

葉桜の桜が多くなったようですし、

弘前城天守が隠居しているらしいのですが、

荒馬は楽しみがもう一つあります。

それが、

えんとつ町のプペル展in弘前】が開催されていること。

初の屋外展示をしているそうです。

夜に鑑賞に行くのが最適なようですが、

昼間の時間、

小小凡師くんも車イスから、プペルの世界を楽しめるのではと、

今からとて楽しみにしています。

 

明日も、

【桜の名所巡り 弘前城公園 プペル展】などと題した

ブログを更新するかもしれません。

寝落ちしていなければ…

『今日も明日も上機嫌』

こんばんは。

今日はゆっくりと読書をした荒馬です。

 

色々な事が、少しずつ落ち着いてきて、

【あるべき場所】が決まり始め、

新しい環境での定位置が決まってきているという

実感をしています。

細かな事は、これからまだあるのでしょうが、

現段階では、ここまでできれば良しとしようかな。

と思えるようにもなりました。

 

1日の過ごし方も、

追われるように過ぎていた4月でしたが、

【空白】の時間が生まれるようになったり、

荒馬の【ひとり時間】も持てるようにもなりました。

夜はどうしても睡眠を優先していますが、

慢性的な疲れにも慣れたということでしょうか。

 

さて、今日はこの本を読みました。 

今日も明日も上機嫌。 モタさんの“言葉”

今日も明日も上機嫌。 モタさんの“言葉”

 

 NHKの人気番組から生まれた「大人の絵本」と

帯には書かれているのですが、

荒馬、番組は知りませんでした。

ただ、

斉藤茂太さんは、お名前だけは聞いたことが。

そう、

斉藤茂吉さんの息子さんなのです。

 

荒馬がこの本を手に取ったのは、絵の担当が松本春野さんだったから。

というのも、荒馬が大好きな絵本であるこちら、 

Life(ライフ)

Life(ライフ)

 

の絵を担当されているのが、松本春野さんだからなのです。

絵本の内容ももちろんですが、この絵が、より一層、

トーリーに花を咲かせ、奥深さを醸し出しています。

と、荒馬は思っています。

 

本屋さんで、見つけた『今日も明日も上機嫌』。

『モタさんの言葉』という本も一緒に並んでおり、

本当は全て欲しかったのですが、

さすがに、大人買いするほどの余裕がありませんでした。 

モタさんの“言葉”

モタさんの“言葉”

 

  

モタさんの“言葉” 2

モタさんの“言葉” 2

 

出版年を見ると、『今日も明日も上機嫌』は、

第3弾になるのかもしれません。

せっかくなら、第1弾から手に取るべきでした…。

近いうちに、

第1弾と第2弾を購入しようと思います。

 

この本を買った決め手は、絵だけではなく、

1ページ目のこの言葉があったからでもあります。

言葉には 

人を力づける

不思議な力があるものだ。

 

ただ言葉をかける。

それだけで

相手の心を温める。

 

自分自身に対してだってそうだ。

 

気持ちを明るくする言葉を、

ことあるごとに自分に

言い聞かせている。

 

言葉は、ナイフにもなり得るけれど、

荒馬も、誰かを温めたり、笑顔にできる言葉を使いたいと

思っています。

思ってははいても、なかなか実行できていないのですが…。

【言葉】に反応した。というのも購入の理由です。

 

読み進めていくと、なんと深い!!

作者の生きた時代だからこそ、作者の年齢になったからこそ

紡ぐことができる言葉や感じられる感情でもあると思うのですが、

それでも、とても響き渡るものがありました。

そして、

「まだまだ自分は、ひよっ子だなぁ」と痛感。

来年には40歳になりますが、

調子に乗って大人ぶってはいけませんね。

孔子も、40歳ではまだまだ と著書の中で書いているように、

修行や勉強、体験は、まだまだ必要です。

 

限界を決めるのも、何かを諦めるのも、まだ早いなぁと思いました。

 

そして、モタさんの言葉が染み渡ったということは、

これらの言葉を、素直に受け入れられる心持ちなのだと、

思い至りました。

こんな言葉を語れる人になれたら、素敵だなぁ。

そんなことを考えた、5月のスタートでした。

 

今年初のバーベキュー

こんばんは。

4月に外でバーベキューができることに驚いた荒馬です。

 

昨日は半日お出かけをしたので、

本日は、お家でまったりと過ごす事に…。

しかし、

昨日よりも晴天で、気温が上昇。

義母からの提案もあり、外で焼き焼きをすることに。

凡師家はバーベキューを【焼き焼き】と呼んでいます。

テーブルなどをセッティングした後、

凡師さんと、炭・網を買いに出かけました。

風が時折、強く吹くこともありましたが、

太陽が照っているので、日なたでは、

20℃近くまで気温が上昇。

 

「(以前まで住んでいた)〇〇なら、みんな半袖だね」

「間違いないね」

「そして、多くの家庭で【焼き焼き】やってるよね」

「間違いないね。あちこちから、良い香りがしてるね」

 

お花見シーズンの秋田県

バーベキューもシーズンインかと思われましたが、

スーパーへ寄って、食材を見ても、

肉類のラインナップが、【普通】

隅の方に、焼き肉用などが並んでいるものの、

荒馬としては、

もっともっと、大々的に売っていると思っていました。

炭・網を買ったり、バーベキュー食材を買う人よりも、

土や苗・種などを買っている人が多くて、

「シーズンインしたのは、バーベキューではなく、農作業か」と

思いました。

 

本格的な畑になるのか、支柱やカバーなどを買っている人も。

 

当然、半袖の人達はいません。

こちらの平年通りの気温なのかもしれませんね。

北の果てから来た荒馬としては、

4月に20℃なんて、ビックリの現象です。

そして、

4月にバーベキューができるなんて、

これまたびっくりな現象なのです。

 

連日、義父母の楽しそうな笑顔と弾む声を聞くことができて、

本当に嬉しく思います。

孫と語らいながら、肉に箸をのばし、野菜を食べ、

「美味しい。美味しい」と、おにぎりを頬張る。

「いつもよりも、たくさん食べちゃった」と言う顔が、

本当に素敵でした。

 

この2日間の姿を見ただけで、

これまでの、色々な葛藤や決断。

目が飛び出るほど飛んで行ったお金。

大変な事もありましたし、これからもあるのでしょうが、

それでも、

秋田県移住をして、本当に良かったです。

そして、

小小凡師くんの病院や学校を考えると、

秋田県の中心部に住む方が良かったのですが、

それでも、

「同じ県内にいても、逆に近くなりすぎて、

  両親に会いに行く回数は減ってしまいそうだよね」

「暮らし方は変わるけれど、考え方と工夫次第。

  そして、行政などへの働きかけで、良い方に変わるかもね」

と、さんざん話し合って、

凡師さんの地元で、一緒に暮らす決断をしました。

 

この選択、すでに間違いなかったと確信できます。

義父が「またやりたい。今年はたくさんやりたいなぁ」と

ニコニコしながら言ってくれました。

 

もちろんです。

嫌だと言っても、やりますよ。

外で、炭で焼いて食べると、本当に美味しい。

そして、

ワイワイ・ニコニコの食事は、もっと美味しい。

 

大満足の土日を過ごし、

明日からは5月。

男衆はとっても忙しい5月を迎えます。

リフレッシュをしながら、乗りきって欲しいです。

 

桜の名所 角館

こんばんは。

桜ネタが続いている荒馬です。

 

これまで見事な桜の木を、

豪華絢爛な桜並木を見ることがなかったので、

この1週間は、本当に大興奮の毎日です。

至る所に咲き乱れる桜の木。

こんな光景を見たことがありませんでした。

若い頃は、花見よりも、アクティブに活動することを選び、

花を愛でる習慣を持ち合わせていませんでした。

秋田県に来て、

連日、色々な場所で満開になっていく桜。

それを見ているだけで、心が弾みます。

 

今日は家族みんなで、

桜の名所である

【角館 武家屋敷通りのしだれ桜】

【角館 桧木内川堤のソメイヨシノ並木】

を観に行ってきました。

f:id:fuku-fukuro:20170429224721j:plain

枝垂れ桜をカメラに収めるのは難しかったです。

ですので、花びらのアップを。

そして、

f:id:fuku-fukuro:20170429224754j:plain

こちらは、ソメイヨシノ

小雨が降るあいにくの空模様だったので、

カメラに収めると、白く見えますが、薄ピンク色でした。

 

本当に見事・豪華絢。

ですが、

カメラマンの腕が悪くて、素敵さが伝わっていない気がします。

凡師さんなら、もっと上手に撮っているはずです。

しかも、

荒馬、いつも、お気に入りのコンパクトカメラで撮影。

一眼レフも良いのですが、

コンパクトカメラも好きです。

 

ということで、すっかり魅了された荒馬は、

f:id:fuku-fukuro:20170429225118j:plain

この3倍以上は、絵葉書を買いました。

やはり絵葉書の写真は素晴らしいです。

さらに、

あの素晴らしさを少しでも伝えたくて、

絵葉書を買いました。

明日以降、荒馬の家族や友人に書きたいと思っています。

 

今回のドライブ、

みんなにとって良いリフレッシュになりました。

荒馬が、何より嬉しいのは、

義父母が、本当に楽しそうに笑顔でいたことです。

角館に行くのは数年ぶりだったそう。

2人だと、ついつい遠出が億劫になってしまうようです。

しかし、

可愛い息子と可愛い孫が、

「一緒に行こうよ」と誘えば、嬉しくないはずがありません。

 

帰りは、

凡師さん・小凡師くん・義父母は、

秋田縦貫内陸鉄道に乗り、1時間ほど列車の旅。

ちょうど、角館と自宅の真ん中ぐらいの駅で降り、

周辺の道の駅・ダムなどへも立ち寄りました。

天候も回復し、本当に素晴らしい日となりました。

 

こんな素晴らしい日は、きっと夕陽も素敵なはず…。

ということで、

荒馬がいつも散歩し、定点観測している場所へ行くと、

f:id:fuku-fukuro:20170429225747j:plain

やはり素晴らしい夕陽が、川面にも映り込み、

さらに素敵度が増していました。

 

朝早くから出かけていたのですが、

疲労感は全くなく、

本当に楽しい1日でした。

 

ふと、思ったのですが、

1日の疲労度を感じるのは、

長時間、動いていたり、出かけていたり、働いているからではなく、

たとえ1時間ほどでも、

ストレスが溜まる時間だったのか、どうかという事だと思ったのです。

 

小小凡師くんの通院へ行くと、

まだ知り合って間もない医師と看護師さん。

思うように進まない、通院・診察プランに、

精神的に疲れ果てているので、

比例するように、

肉体の疲れも感じています。

 

精神的に楽しかったり、嬉しかったり、感動すると、

肉体へのダメージは少ないように感じました。

 

テーマパークも楽しいですが、

素晴らしい景色を見るのも、かなり楽しめます。

またどこか素敵な場所へ行きたいです。

 

『さくら』

こんばんは。

あちこちで咲いている桜に魅了されている荒馬です。

 

以前から何度も書いていますが、

4月に桜が見られるなんて、素敵です。

しかも、あちこちに咲いています。

キレイに整備され、並木道になっている桜。

ご自宅の庭に咲いている桜。

杉の木に挟まれて咲いている桜

川沿いに、土手に、道路沿いに…。

 

花びらが多い、ふんわりとした桜が見事です。

 

当たり前の光景になっている人にとっては、

通り過ぎてしまうのかもしれませんが、

荒馬は、見つける度に、

車を停め、口をあんぐりと開けながら、見とれてしまいます。

荒馬母は桜が大好きでした。

住んでいた地域では、花見らしい花見はできませんし、

【花見まつり】【桜まつり】のようなイベントもありません。

秋田県って、本当に多いんです。(他の県もでしょうか)

一度も花見に連れて行ってあげられませんでした。

「〇〇の桜を見たい」

「もう一度、△△の桜を見たい」

いつもそう言っていたのに…。

親孝行 したいときには もういない

本当にその通りです。

ようやく、きちんとした給料を頂ける年齢になり、

仕事にも慣れて、休日を休日として過ごす余裕が生まれたのに、

たったの一度しか、旅行へ連れて行けませんでした。

母の夢だったのに…。

 

明日は、

凡師さんの両親も一緒に、桜を見に出かけます。

本当に楽しみです。

雨が降る予報なのですが、

「弱い雨って言っているから、そっちのほうが人が少ないかもね」

と、雨降り予報でも、計画を断念することはせず、

朝早くに出発する予定です。

母の写真もこっそりとカバンに忍ばせていこうと思っています。

そして、

写真をたくさん撮って、絵葉書も買って、

荒馬父にハガキを出そうと思います。

たぶん、必ず、

母の遺影の前に置いて、

「荒馬が送ってくれたよ。キレイだな。一緒に見たのか?」なんて、

話しかけると思います。

 

さて、

すっかり桜に魅了されている荒馬。

久しぶりに絵本を開きました。

凡師さんに内緒で買ってしまった絵本です。 

さくら (かがくのとも絵本)

さくら (かがくのとも絵本)

 

科学絵本に分類されます。

桜の一年がよく分かる絵本です。

以前は、科学絵本は苦手でしたが、

絵本セラピストになってから、よく読むようになりました。

表紙の絵が綺麗で、こちらをチョイス。

 

他にも

以前から持っていたこちらも開きました。

じいじのさくら山

じいじのさくら山

 

 桜の描写が柔らかく、素敵です。

内容は、涙モノなのですが、じいじと孫の関係が素敵で…。

こんな風に、小凡師くんや小小凡師くんも、

祖父母と関係を作るのだろうか…。なんて考えた一冊です。

 

そして以前、

知人から頂いた言葉があります。

桜の花は 春になったから 急に咲くのではなく

前の年の夏から ゆっくりと蕾をふくらませて

その時が来たら一斉に 美しい花を 咲かせるのです 

 大好きだった仕事を辞め、

小小凡師くんの在宅介護が始まり、

その生活にも慣れてきて、ぼやーっとですが、

やりたいことが生まれた頃でした。

とは言え、

資格を取るために、家を空け、勉強しに行くことはできない。

やりたいことは明確なのに、

それを実行できる環境になっていない。

どうすれば良いのだろう。何から始めたら良いのだろう。

そんなことを考えていた時に、

知人が贈ってくれた言葉です。

 

そう【その時が来たら】なのです。

どんな事にも、タイミングがあるのだ。

今ではないんだろうなぁ。

【その時】が来ることを信じて、

今は、

できることを、できる範囲でやろう。【その時】のために…。

と決意をした時でした。

 

ふと、絵本を開いて思い出したエピソード。

実際にお会いする機会には恵まれなかったのですが、

今でもずっと、連絡を取り合っている知人です。

とても素敵な女性です。

彼女にも絵葉書を書いて、送ろうと思った荒馬でした。

不器用な自分に気付く

こんばんは。

引っ越しという環境の変化で、

自分の知らなかった自分に気付く日々を送っている荒馬です。

 

自分で言うのもなんですが、

割と、何でもそつなくこなせるタイプだと思っていました。

上を目指すことはしませんし、

そこを目指せるほどの【力】は、何においても持ち合わせていない

【平凡な人】です。

 

今回、

いかに自分が、周りの人に助けられて生きてきたのかを

実感しています。

生まれ育った地で、暮らすことが、

どんなに恵まれた環境だったのかを思い知らされています。

秋田へ来て1ヶ月。

以前と環境などが変わったとは言え、

以前と変わらない日常も存在するわけで、

普通に生活をするには、全く問題がないくらい、

落ち着いてきました。

 

それでも、

こと小小凡師くんの【医療・福祉】に関する、

体制やプラン作りに関しては、本当に頭を悩ませています。

今は、モヤモヤと不安と心配しかありません。

どこに相談し、

どんな風にアプローチをかければ、

この状態を少しは好転させられるのか…。

小小凡師くんの、命と生活が密接しているので、

手を抜いたり、妥協したり、我慢したりするのにも限界があります。

かと言って、

そこを振りかざして、傍若無人に振る舞うつもりはありません。

ただ、

知識や経験がなくても、

歩み寄ろうとする、理解しようとする姿勢があるだけでも、

違うのに……。

 

プライドが邪魔しているのかは分かりませんが、

あまりにも、話が通じなくて、柔軟性もなくて、

それなのに、肝心の

知識も経験もスキルもなくて…。

言い訳を聞かされ、こちらの落ち度を延々と責められ…。

それ、

こっちの落ち度なの?と、理不尽さを感じたので、

こちらも応戦するのですが、

徒労感しか残りません。だから、病院や医者が好きになれないんです。

 

そんなモヤモヤ・不安・不満が支配しているので、

何をしていても、気もそぞろ。

常に気がかりなので、他のことに集中できない。

そうなると、

家事にも影響が。 体調にも影響が。

必要な書類も書き忘れたり、支払いを忘れたり、

どこにしまったのか分からなくなったり、

本を読んでいても、TVを観ていても、

ネットを見ても、ブログを書いても、

落ち着きません。

 

そんなこともあり、ブログ更新も滞ってしまいます。

 

あ~、自分はこんなにも不器用だったのか。

こうなると、

切り替えスイッチが機能しないのかぁ。

情けないなぁ。

と、初めて対峙する自分に戸惑う自分がいます。

 

今は少し、全ての事柄において、

キャパが小さくなっているので、限界値に達するのが早く、

中途半端に手をつけては、忘れてしまう状態。

たぶん、

家族や周りの人からすれば、情緒も不安定に映るはずです。

 

そんな自分とも、仲良くしながら、

1つひとつを大切にして、解決させながら、

処理していこうと思っています。

 

そして、いつも、こうなる前に、

手を差し伸べてくれたり、

情報を提供してくれたり、

やってくれたり、

話を聴いてくれたり、

リフレッシュ&リセットさせてくれたりした、

友人や荒馬父・荒馬兄夫婦、

周囲の医療・福祉に携わっていた人達に

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

こんな時、帰りたくなりますが、

ここで暮らすと決めたのだから、

そういう人達を作っていかないとなぁと思いました。

今は孤独だから、

ネガティブ発想になるのかもしれません。

 

1人でやるには、こんなにも限界値に達するのが早いのかぁ。

1人で頑張っていると思っていたけれど、

実は、たくさん助けら、応援してもらっていたのかぁ。

 

そんなことを考えていた荒馬です。

 

4月に桜が!! 4月に20℃!!!

おはようございます。
今日は朝ブログを書いている荒馬です。

週末、家族でプチ旅行へ出かけました。
自宅から1時間ちょっと走ると、秋田市に到着します。

秋田市は今が桜の見頃。

 

4月に満開の桜を、あんなにたくさん見たのは、

生まれて初めてです。

全国の半数以上の人が「はぁ???」と言いそうですが、

ずっと北海道民だった荒馬にとっては、

4月に花見ができるのは、スゴイことなのです。

道南方面であれば、4月かもしれませんが、

生活圏がずっと道北方面だった荒馬は、

GWでも吹雪の年があったり、

5月になってから、ようやく桜が咲いたり…。

しかも、

咲いたと同時に【葉桜】になるので、葉が入り交じった桜の観賞です。

 

花びらだけのフワフワした桜の木を、

4月に、大量に、こんなに温かな気温の中で見たのは、

感動と興奮です。

 

 

昨日は、20℃近くまで気温が上昇。

4月に20℃!?!? 20℃!?!

2℃の間違いじゃないの?

そんなことを思いながら、外に出ると、

「あっ、あっ、暑い」

家の中の方が寒い(涼しい)ので、厚着していたこともあり、

外に出て驚きました。

 

「夏だ!!! 夏が来る!!」

「絶対、元いた場所なら、半袖の人が多いはず」

そんなことを考えていました。

 

やはり、先日のブログでも書いたように、

北海道と東北を、一括りにするのはいけません。

こんなに違いがあるのに…。

 

そして、以前までの自宅周辺も緑が多いと思っていたのですが、

秋田のこちらの自宅周辺の方が、

緑がたくさんあります。

久しぶりに、つくしがたくさん生えているのを見ました。

なんて、素敵な環境なのだろうと思いました。

ちょっと散歩しているだけで、

季節をこんなに身近に感じることができるなんて…。

しかも、

長袖で歩くと、軽く汗ばむほど、温かな陽気!!

 

4月でこれなら、

真夏はどうしよう…と少し不安を覚えましたが、

あと数ヶ月あるので、少しずつ温かくなる気温に、

体も慣れてくるだろうと、

軽く考えることにしました。

 

昨日も夕方に、素晴らしい夕陽を見ることができました。

散歩に出かける時も、

どこかに出かける時も、

最近では、必ずカメラを持ち歩いています。

引っ越してきたばかりで、

見るモノ全てが新鮮で、カメラに収めたくなります。

写真を撮る度に、

凡師さんに見せては、

「どう???キレイでしょ」

「ちょっと、上手くなったよね。撮るの」

と言っています。

 

そのうち、凡師さんが荒馬に一眼レフカメラ

買ってくれるかもしれません。

距離感と景色

こんばんは。

今日は家族で、プチ旅行をした荒馬です。

 

凡師家、7:00に自宅を出発し、

家族でドライブに出かけました。

小凡師くんは、これを「小旅行」と名付けたので、

ドライブというよりは、プチ旅行の方が良いかな。

まずは、

凡師さんの勤務地がある場所へ。

自宅から1時間ほど走った場所なのですが、

桜がチラホラと咲き始め、自宅近辺とはまた違った景色です。

吹く風の種類も違いました。

この風は、3月までいた北海道の住んでいた場所の風に似ています。

それもそのはず、そこは海町でした。

久しぶりに海を見ました。

その後、

また車を走らせ、秋田市へ向かいました。

そこから秋田市へは40分ほど。

目的は、映画鑑賞。

現在住んでいるところには、映画館がなく、

隣の市にはあるのですが、スクリーン数が少ないのと、

やっている映画が、あまり聞いたことのない映画でした。

それなら、大きな映画館がある秋田市へ行こうというのが、

今日のプチ旅行の1番の目的でもあります。

 

小凡師くんが、以前から観たいと言っており、

凡師家では、

毎年、4月の中旬~下旬の恒例行事になっている、

名探偵コナン』の映画です。

過去数年、凡師さんと小凡師くんが鑑賞へ出かけるのですが、

今日は、

「お母さん、一緒に観ようか」と小凡師くんからのお誘い。

 

秋田市へ入ると、あちこちで桜が見頃を迎えていました。

荒馬、

あんなにたくさんの桜を、あちこちで見るのは初めてです。

さらに、

荒馬が見たことのある桜は、花よりも葉の数が多く、咲いた瞬間に【葉桜】になるような桜ばかり。

あんなに、たくさんの花びらをつけた、

これぞ桜という木は初めてです。

 

とにかく、桜並木になっている場所が多く、

感動と興奮をしてしまいました。

桜以外の花も、たくさん咲いています。

これが荒馬にとっては、

とても驚きの光景でした。

 

3月まで住んでいた、荒馬の生まれ育った地は、

4月に咲いている花をみたことがありません。

まだ、雪が積もっていたり、雪が降ったり、

気温も5℃前後です。

 

よく、東北・北海道と一括りにされることが多いですが、

北海道内でも、あれだけ違いがあるのに、

東北まで一緒にするのは、

ちょっと横暴な気がします。

TV番組などを作る側は、

【北の方】というくくりにしているのだと思いますが、

分ける方が良いとずっと思っています。

 

春に春らしい気候と景色が楽しめる。

おそらく、夏は夏らしく、秋は秋らしく、冬は冬らしいのだと

思います。四季をきちんと楽しめる。

以前までの地域は、四季ではなく、二季だったような気が…。

 

そして、

以前までの地域は、1時間車で走っても、何もない広大な土地。

主要都市へ向かうには、最低でも4時間以上走らせないといけません。

それが、今日は、

次々に市町村が変化します。

方向を変えて走れば、隣の県まで行けるくらいです。

 

その北海道との距離感に違いを実感し、

見える景色が違うことを実感し、

改めて、

「あ~、秋田県民として生きている(暮らしている)のだなぁ」

と感じました。

 

今日は朝早くから出かけて、ついつい楽しくて

寄り道ばかりしたので、

帰宅も夕方。

家のことを全くしていないので、

ブログを打ちながらも、家事に精を出しています。

 

明日からまた、男衆の忙しい日が始まります。

荒馬も体調を崩さないためにも、

そろそろ切り上げて、少しは眠らないと…